ウェブ接客でコンバージョン最適化 Sprocket(スプロケット)

ウェブ接客で離脱防止 Sprocket(スプロケット) | 株式会社Sprocket

ウェブ接客を自動化。
離脱を減らしコンバージョン率をアップ!

離脱の多いサイトは、穴の空いているバケツのようなもの。

いくら、バケツに水を組んでも、穴が多ければ水が漏れていくばかりです。

Sprocketは、ユーザーが離脱する心理に注目。

リアルタイムにサイト上での行動を分析し、ユーザの不安や疑問を解消するような情報をタイムリーに提供することで、サイトからの離脱を減らします。

これがバケツの穴を塞ぐことになり、広告よりも安価に「購入率」「リピート率」をアップできるんです。

ユーザに「気付き」を与えるシナリオを
スプロケットが自動実行

サイト運営者が当たり前だと思っていることも、意外なほどユーザには伝わっていません。

「会員登録するとポイントが貯まります」

「購入後は電話・メールでのサポートがあります」

「実は無料で返品してもらってもOKです」

などなど、せっかく準備したお客様向けのサービス・メリットに気づかずに去っていくユーザは非常に多いのです。

スプロケットはユーザの行動をトラッキングして、このような情報に接していないユーザを判別。

ユーザに気付きを与えるためのチュートリアル型のシナリオをタイミングを見計らって自動実行します。

自分から見に行くことのない情報でも、タイミングを見計らって提案すればちゃんとユーザは見に行ってくれます。

本来価値のある情報をユーザにお届けすることで、その後の行動を確実に後押し。

CVRが30%向上した事例も!

タグを埋め込むだけでウェブ接客を開始

スプロケットでシナリオを作成し、サイトにタグを埋め込むだけで、スプロケットが訪問者の閲覧履歴や来訪回数などをリアルタイムでデータ分析。

1人ひとりに適したコンテンツを自動で配信します。

既存のCRMデータを活用して、性別・年齢などの属性に応じたコンテンツの出しわけも可能です。

キャッチコピーや画像を少し変化させるだけで、訪問者のアクションに影響が生じます。

複数パターンをテストするA/Bテストを実行し、ユーザがもっとも心地良いと感じるウェブ接客の実現もできます。

最短一週間で実装可能です。

SprocketはスムーズなPDCAを支援

ウェブ接客施策の効果を簡単に見極めたいと思いませんか?

スプロケットに組み込まれたABテスト機能により、ウェブ接客施策が提供されたユーザと、提供されなかったユーザとのKPIを簡単に比較することができます。効果の高い施策のみを展開しエンゲージメントの向上を図ることができます。

また、施策の結果を一元的に確認できる分析ツールを使い、シナリオのどこで離脱したのかを把握。改善すべきポイントを一目で確認し、新たな施策を展開することができます。

仮説検証を支援するための履歴管理機能も標準で提供。過去の施策からの学びを社内で共有できます。

結果分析にとどまらず、スプロケット内に蓄積された行動データを様々な角度で分析する機能も実装。中長期的な視点で優良ユーザを育てることができているか、LTVの向上につながっているかといった「顧客育成」の視点での分析も可能です。

導入実績

本格的な顧客育成ならSprocket Advance

ゲーミフィケーションをふんだんに用いてユーザ行動を促進させるたくさんの部品「ギア」を使って本格的な顧客育成ができます。独自開発のルールエンジンを使い、自動的にお客さまの育成ステージに合わせた最適なシナリオを実行します。もちろん、ユーザの行動データは「分析機能」で育成状況を分析し次の施策に役立てられます。

詳細を見る

Sprocketの最新情報

  • [受付中]本気セミナー「デジタルマーケティングの最前線を3時間で!」

    2017年7月7日

    [早割受付中]5,000円(税

    >>さらに読む

  • Sprocket、ウェブ接客を自動的に最適化するAI機能をリリース

    2017年5月16日

    〜ピザハットオンラインで導入〜

    >>さらに読む

  • 大塚製薬の「KO-NENKI.Lab(更年期ラボ)」がウェブ接客ツールSprocketを導入

    2017年4月6日

    〜関心の高い人にピンポイントで

    >>さらに読む