ウェブ接客でコンバージョン最適化 Sprocket(スプロケット)

よくある質問 | 株式会社Sprocket

Sprocket

q

一言で言うとどんなツールですか?

a

訪問者の離脱を防ぎ、CVRを改善するツールです

q

Sprocketを使った改善とは、具体的にはどんなことを行うのでしょうか?

a

Sprocketは導入サイトやアプリ上でのユーザ行動データを収集します。そしてこのデータに基づき、過去特定の行動を取ったユーザが特定のページに訪れた時に、「Sprocketガイド」と呼ばれるサイト内案内用のメッセージポップアップを表示します。これにより、該当ユーザにパーソナライズされたメッセージの配信と同時にそのユーザに期待する行動を促すことができます。またSprocketガイドはABテストを行えるため、最適なガイドをスムーズに発見できます。

導入

q

シナリオ設計や育成シナリオ作成のサポートはありますか。

a

はい、シナリオ(ツアー)の設計やKPIの設計を支援するためのコンサルティングサービスを用意しています。

q

導入時の技術的な作業は、具体的にはどのような内容になりますか?

a

タグをページ内に挿入するだけで完了です。ヘッダーのテンプレートなどお持ちであればそこに1行追加頂くだけでOKです。URLからだけでは取得できない行動データを活用してシナリオ設計(ツアー設計)を行う場合や会員連携を行う場合は個別にご相談ください。

q

会員データベースと連動する形で組み込むことはできますか?

a

はい、可能です。会員連携を行う場合はタグ埋め込みだけでは対応できない場合があるので、技術面での確認の上で連動方法を決定致します。

q

導入不可能なWebサイトはありますか?

a

タグが埋め込めないサイトでも、連携用のAPIを用意していますのでそちらをご利用頂くことで対応が可能です。
またセキュリティポリシーの問題で情報を外部のシステムに送信することが許可されていないという場合があるかもしれません。Sprocketは匿名の状態で個人を認識する仕組みを採用しており、個人情報を預かることは基本的に行ってはいません。

q

導入は既存のWebサイトやアプリに対して行うことができますか?新しくサイトを立ち上げる必要がありますか?

a

はい、ほとんどの導入企業様では既存のWebサイトやアプリに対しての導入となっています。もちろん新規立ち上げ時に導入することもできます。

運用

q

導入後の運用はどのくらいの負荷がかかりますか?

a

運用業務としては「新しいシナリオの追加」「既存のシナリオの改善」の大きく2種類があります。いずれも導入後にご利用いただける管理画面からの設定が可能です。またSprocket社がこちらの業務を代行することもできますので、リソースに不足がある場合はご相談ください。

q

導入後、自社で運用を行うことはできますか?

a

はい、行って頂けます。

q

Sprocket導入に対する一般的なKPIはどのようなものでしょうか?

a

ECサイトや資料請求型のサイトですとCVRをKPIとされるケースが一般的です。それ以外のコミュニティサイトやブランディングサイトなどの場合、最重要なKPIが1つに定まっていない場合もありますので、そうした場合はKPI設計からお手伝いすることもあります。

価格

q

価格体系はどうなっていますか?

a

月次のアクティブユーザ数に応じて価格を設定しています。「アクティブユーザ」とはSprocketに行動データを送信したユーザという意味になります。こうした自動化ツールでは一般に、累積のユーザ数や配信したメッセージ量に応じた課金体系を取っているのですが、Sprocketではそれは採用せず、一人のユーザに対しては「使い放題」にしていいただける価格体系を採用することとしました。

自由にどんどん使っていただきたいという思いと、ユーザにとっても適切なガイドが増えればより良い体験につながるという思いからこのようにしています。

q

契約前にテスト利用はできますか?

a

個別にご相談ください。

q

契約期間はありますか?

a

12ヶ月となっております。

q

キャンペーン目的の短期的な利用はできますか?

a

個別にご相談ください。

SprocketAdvance

q

SprocketとSprocket Advanceはどう違いますか?

a

Sprocket AdvanceはPaaS型のプラットフォームとしてのご提供となります。各種機能の利用は基本的にはすべてAPIを経由した形で行って頂くことになりますので、企画やインテグレーションが発生します。その分プラットフォームが有する柔軟性をフルに活用することが可能です。

q

Sprocket Advanceではどんなことができますか?

a

様々なユーザ体験を自由に設計できます。Sprocketではガイドを表示するという形に絞った提供となっていますが、Sprocket Advanceの場合はガイドに限らず様々な形態でユーザへのフィードバックを行えます。

株式会社Sprocket

q

社名の由来、ロゴの意味は?

a

Sprocketとは自転車によく見られるチェーンがついたギアのことを指しています(厳密には、円盤同士が噛みあうことで動作するものをギア、チェーンやベルトを通じて力を伝えるものをスプロケットといいます)。小さい力で大きな結果を生み出すということを象徴した名前とデザインになっています。

q

Sprocketをクライアントに提案したいのですが可能ですか?

a

代理販売やインテグレーションパートナーも随時受け付けておりますので、お問い合わせください。