ROIとは? マーケティングで使われているROIの意味と計算方法を解説

Sprocket編集部

ROI(Return On Investment)は日本語で「投資収益率」や「投資利益率」とも呼ばれ、「かけた費用に対しての効果」を意味します。ROIの定義や計算方法、最大化の方法を解説します。

ROIとは?

マーケティング施策の企画時や実施後の分析時によく耳にするROIという言葉はどういう意味なのでしょうか。同じ場面でよく聞くROASとの違いも解説いたします。

ROIは「Return on Investment」の頭文字を取った略称で「アール・オー・アイ」と読みます。日本語では「投資収益率」もしくは「投資利益率」と訳されることが多いでしょう。

ROIは費用をかけたものに対してどれだけの効果や利益があるのかを表した「費用対効果」の指標です。ROI数値が高ければ高いほど、費用対効果が高い投資やマーケティング施策ということになります

ROIの計算方法

ROIの計算方法について紹介しましょう。ROIの計算式は下記になります。

ROI=利益 ÷ 投資にかかった費用 × 100(%)

ROIの計算式はとてもシンプルです。しかし、計算する際の利益や投資にかかった費用をどのように定義するかによって結果が変わります。ここからは、ROIの計算時のポイントを2つご紹介いたしましょう。

1、費用の定義を決める

まず、ROI計算式で利用する投資にかかった費用の定義を決めましょう。ROIでの費用とは投資額のことを指します。ただ、投資額と言ってもその投資の定義範囲は広く、事業や投資の相手によっても変わります。

ROIを用いる場面は多岐にわたり、投資費用に関わりがあるものについては、その対象となります。そのため、ROIを計算する場合、事前にどの分野での費用についてか、どこまでの範囲を投資額として含めるかをしっかり確認しておく必要があります。費用の定義を決めて計算することによって、投資額を細かくカテゴライズできるので、費用のバランスを見極められます。

2、利益の定義を決める

続いて、ROI計算式での利益の定義を決めます。ROIでの利益と言っても、一体どこまでの範囲の利益を計算式に含めるかをしっかりと決めておきましょう。

実際にROI計算してみよう

では、上記を踏まえて実際に例題からROIを計算してみましょう。 ROIの計算式はこちらの通りです。

ROI計算式:利益 ÷ 投資にかかった費用 × 100(%)

例えば、こちらのA社の事業についてROIを計算してみましょう。

売上金額:900万円

原価:150万円

投資額:200万円

まず、利益を計算し、その後にROIを計算します。計算結果は以下の通りです。

利益:900万 - 150万 - 200万= 550万

ROI:550万 ÷ 200万 × 100 = 275 %

この結果から、A社の事業のROIは275 %となります。

マーケティングへの投資に限った費用対効果も計算してみましょう。例えば、B社がある事業でのマーケティングROIを計算しましょう。事業での利益と投資にかかった費用 は下記です(ここでの利益は粗利とします)。

製品価格:1,000円

製品原価:200円/個

販売数:5,000

マーケティング投資額:150万円

売上高:800万円(@1,000 × 8,000個)

販管費:70万円(販売費および一般管理費)

この場合の計算式は以下の通りです。

(800万 - (200円×5,000個 + 70万 + 150万 )) ÷ 150万 × 100 = 320

この結果から、B社の事業のマーケティングROIは320 % となります。

ROIを計算するメリット

ROIの計算方法がわかったところで、マーケティング活動でROIを計算するメリットを2つご紹介いたします。

規模が違う投資を比較検討できる

まず、ROIを計算することで、規模が違う投資を比較検討できます。ROIは数値を計算して終わりではありません。その数値を活用し、いろいろな投資についての分析や比較をするなどの活用方法があります。 規模の違う投資を比較する際に、利益だけを見て費用対効果を見るのは難しいでしょう。

その場合、ROIを利用することで、どの投資の収益性が最も高いかを数字から判断でき、ROIの数値から、投資の優先順位づけや取捨選択ができます。

投資に対する費用対効果がわかる

ROIを計算することで、投資の費用対効果がわかります。投資に対してどれくらいの効果があったかがわかれば、どこに投資すべきかがわかりやすくなります。ROIが高い投資は費用対効果が高いと判断でき、投下すべき投資を決める指標になります。

ROIを最大化するために

ROIを計算するメリットがわかったところで、ROIを最大化する方法について解説していきましょう。

ROIを最大化する方法1:投資にかかる費用を小さくする

投資にかかる費用を小さくする方法でROIを高められます。費用を小さくするということは、コストを減らすということです。使われている費用の見直しを行い、費用の中で偏った部分や無駄な部分を見つけます。その費用を改善することで投資にかかる費用を小さくできます。

しかし、単純にコストを減らすだけでは、利益を大きくできない可能性があり、そうなるとROIの数値も最大化できません。費用を減らすことと同時に売上を維持していくことで初めてROIが最大化します。

ROIを最大化する方法2:利益を大きくする

利益を大きくする方法でもROIを高められます。利益を大きくするには、売上を大きくしたり、製品原価を下げたりなどの方法がありますが、一般的には売上の拡大を目指すことが多いでしょう。

ただし、投資にかかる費用(マーケティングなどの費用)を増やして売上を増やしてもROIはなかなか最大化していきません。既存顧客へのリピート購入を促すなど、できる限り販促費用を抑えて売上拡大を目指し、利益を大きくしていきましょう。

ROIとROASの違い

ROIと関連して投資への効果がわかる指標のROASについて違いがわかりにくいので紹介しましょう。

ROASとは?

ROASとは、広告運用でかかった費用に対してどれだけ売上効果があるのかを、パーセンテージで表した指標で「ロアス」と読みます。ROASは、「Return On Advertising Spend」の略称で、日本語に訳すと「広告費の回収率」になります。ROASの計算方法は「広告からの売上 ÷ 広告費 × 100( % )」です。

ROIとROASで何が違う?

ROIとROASはどちらも事業やマーケティング施策にかかった費用に対する効果を表しますが、その効果の対象に違いがあります。ROIはかかった費用に対して最終的にどれだけの利益が得られたかをはかる指標ですが、ROASはかかった費用に対してどれだけ売上を上げられたのかをはかる指標です。

また、ROIとROASは用いられる場面でも違いがあります。ROIが用いられるのは、広告などの営業活動やシステム・研究開発などへの投資をはじめ、企業の買収や出資(M&A)など広い事業の場面で活用できます。しかし、ROASは広告に関するものだけに限定されて用いられます。

さらに、100%を基準にそれぞれの指標を計算した結果、ROASの数値が100%より高くても、ROIの数値が100%より低ければ、投資としては利益がないという意味で失敗した状態を表します。そのためROIとROAS両方の指標を正しく理解して活用することで、より効果的な投資ができます。

サービス資料ダウンロード

Sprocketの機能、コンサルタント、導入事例、実績、
プラン体系などをご紹介します。(無料)

資料ダウンロード

導入検討の相談・見積もり

新規導入、乗り換えのご相談、Web接客ツールの比較など
お気軽にお問い合わせください。(無料)

お問い合わせ

03-6303-4123(受付:平日10:00~19:00)