【画面付き】GA4のコンバージョンの設定方法を解説。サンクスページをコンバージョンに設定するには?

マーケティング

西 倫英 (監修 大野 陽子

Googleアナリティクス 4(GA4)に移行する際、最初にしておくべきなのがコンバージョンの設定です。GA4では従来からコンバージョンの設定方法も変わっています。GA4におけるコンバージョンの基本的な知識や設定方法を解説します。

Googleは、現在の主流であるユニバーサルアナリティクス(UA)のサポートを2023年7月1日をもって終了することを発表しました。急いでGoogleアナリティクス(以下GA4)の準備をしなければと、移行に取り組んでいる人も多いでしょう。

データを蓄積するという意味でも、タグを設置した後にまず行っておきたいのがコンバージョンの設定です。ここではGA4におけるコンバージョンの設定方法を解説します。

ユニバーサルアナリティクスからGoogleアナリティクス 4(以下GA4)への移行について、詳しくは以下の関連記事で解説しています。なお、設定画面などは2022年4月現在の情報をもとに紹介しています。

GA4におけるコンバージョンの基本

コンバージョンとは「転換・切り換え・転化」という意味の英単語で、Webサイトでは「成果」という意味で使われます。通常は商品の購入や会員登録、資料請求など何かしらの目的をコンバージョンとして設定します。

ユニバーサルアナリティクスでは「目標」や「ゴール」と表現されることもありました。コンバージョンについて詳しくは別の記事でも解説しています。

GA4ではすべてが「イベント」で計測される

GA4では、ページの閲覧や要素のクリック、ページのスクロールなどの行動がすべて「イベント」という単位で計測されます。イベントはGA4を設定する際の基本となる概念です。

「イベント」と言われると、従来のユニバーサルアナリティクスでよく使われていた、リンクにパラメータを付与するイベントトラッキングを想像する人も多いでしょう。しかしGA4では、ページビューもセッションもイベントの一種です。これまでのイベントトラッキングとは別物と考えましょう。なお、GA4でコンバージョンに設定できるイベントは1つのプロパティにつき最大30件までです。

GA4に登録されているイベントを確認するには、左側のメニューから「設定」→「イベント」の順にクリックします。

イベントには大きく分けて次の4種類があります。このうち自動収集イベントは最初から設定されているもので、ページビューやセッション開始、ページのスクロールといった基本的なデータが含まれます。

参考:[GA4] イベントについて - アナリティクス ヘルプ

カスタムイベントを作成してコンバージョンを設定する

ここでは「サンクスページを表示した」というコンバージョンを例に見ていきましょう。まずは設定したいコンバージョンを自動収集イベントで設定できないかを確認します。

自動収集イベントについてはGoogle公式ヘルプの「[GA4] 自動的に収集されるイベント - アナリティクス ヘルプ」を参照してください。自動収集イベントには、ファイルのダウンロード(file_download)といったものも用意されています。

「サンクスページを表示した」イベントは、サンクスページのURLを条件にして新規に作成する必要があります。

カスタムイベントを作成する

イベントの一覧から「イベントを作成」をクリックします。

これまでに作成したカスタムイベントの一覧が表示されたら、もう一度「作成」をクリックします。

カスタムイベントの名前とパラメータを設定する

「イベントの作成」画面で「カスタムイベント名」を入力します。ここではわかりやすく「サンクスページ表示」という名前を入力しています。

なお、GA4には「推奨イベント」というものがあります。これはよく使うイベントに対してGA4が推奨する命名規則です。作成するイベントが推奨イベントに当てはまる場合は従っておきましょう。推奨イベントについては、「[GA4] 推奨イベント - アナリティクス ヘルプ」を参考にしてください。

続いて「一致する条件」を設定します。今回は「サンクスページを表示した」というイベントを追加するため「ページビュー」「特定のURL」という2つの条件を設定します。最初から「event_name」「次と等しい」が表示されているので「値」に「page_view」と入力しましょう。「page_view」は、ページビューを表す自動収集イベントです。

続いて「条件を追加」をクリックします。

サンクスページのURLを設定する

「条件の追加」をクリックすると、条件の入力欄が追加されます。条件はAND条件となり、すべての条件に一致した場合のみイベントとして計測します。

「パラメータ」は「page_location」、「演算子」は「次を含む」を選択します。「page_location」はページのパスを表すパラメータです。「値」に「thanks.html」と入力して、画面右上の「作成」をクリックします。

これで「thanks.html」というパスを含むページビューのイベントが「サンクスページ表示」として計測されるようになりました。

正しくイベントが計測されているか、実際にページを表示して確認しましょう。「レポート」→「リアルタイム」を見ながらページを表示してみて、「イベント数」のところに設定したカスタムイベントが表示されればOKです。

作成したカスタムイベントをコンバージョンとして計測する

正しくイベントを設定したことを確認できたら、「設定」→「イベント」画面を表示して、作成したカスタムイベントの右端にある「コンバージョンとしてマークを付ける」をオンにします

これでGA4のコンバージョンの設定は完了です。ここでは最もシンプルなページビューの例をご紹介しましたが、クリックやスクロールといったイベントをコンバージョンに設定する場合でも、カスタムイベントを作成して計測をオンにする、という作業の流れは同じです。

正規表現など複雑な条件でコンバージョンを設定したい場合は、GA4ではなくGoogleタグマネージャを利用する方法もあります。GA4では1つのプロパティにつき最大30件までしかコンバージョンを設定できません。例えばサンクスページごとにパスが異なり、共通のディレクトリで条件を設定することもできない場合は、Googleタグマネージャを使って設定する方法もあります。

コンバージョン設定の話も含め、GA4についてまとめた資料もご用意していますので、ご興味があればダウンロードしてご活用ください。

SprocketはGA4連携に対応しています

ひとまずコンバージョンを設定しても、それで終わりではありません。GA4ではユーザ軸の分析やエンゲージメントなど新しい概念が登場しており、考え方のアップデートが必要です。場合によっては、従来のユニバーサルアナリティクスとは計測するコンバージョン自体が変わるケースもあるでしょう。

Sprocketでは、すでにGA4とのデータ連携機能を正式にご利用いただけます。ユニバーサルアナリティクス連携をご利用のお客様は、GA4連携への移行をおすすめいたします。GA4連携への移行は、担当コンサルタントにご相談ください。

サービス資料ダウンロード

Sprocketの機能、コンサルタント、導入事例、実績、
プラン体系などをご紹介します。(無料)

資料ダウンロード

導入検討の相談・見積もり

新規導入、乗り換えのご相談、Web接客ツールの比較など
お気軽にお問い合わせください。(無料)

お問い合わせ

03-6303-4123(受付:平日10:00~19:00)