5分で完了! Googleタグマネージャー(GTM)でGoogle アナリティクス (GA4)を設定する方法

マーケティングノウハウ

大野 陽子

難しいことは飛ばして、とりあえずGoogle アナリティクス 4(GA4)のタグをGoogleタグマネージャー(GTM)を使って最短でサイトに設置する方法を説明します。

どんな人が対象か

1. 下準備 : 測定IDを調べる

1-1. GA4のプロパティで「管理」を開き、タグを追加するプロパティが選ばれていることを確認して「データ ストリーム」を選択します。

画像:Googleアナリティクスの設定画面。データストリームを選択

1-2. 「ウェブ」を選択し、データストリームを開きます。

画像:Googleアナリティクスの設定画面。ウェブを選択しデータストリームを開く

1-3. 右上部分に表示された「G-」で始まる「測定ID」を確認しておきます(この後の設定で使用します)。

画像:Googleアナリティクスの設定画面。右上の測定IDを確認

2. タグ設置方法

2-1. GTMのワークスペースを開き、タグを新規作成します。

画像:Googleアナリティクスの設定画面。タグをを選択し、新規を選ぶ

2-2. タグの設定画面を開きます。

画像:Googleアナリティクスの設定画面。タグ設定画面で右上の鉛筆アイコンをクリック

2-3. タグタイプで「Google アナリティクス: GA4 設定」を選択します。

画像:Googleアナリティクスの設定画面。タグタイプをクリックすると、選択しが表示されている。「GoogleアナリティクスGA4設定」を選択

2-4. 下準備で確認した測定IDを入力します。

画像:Googleアナリティクスの設定画面。タグの設定画面で、測定IDを入力

2-5. トリガーの設定を開き、トリガーを選択します。サイト全体に設置する場合、「All Pages」を選択します。

画像:Googleアナリティクスの設定画面。トリガーの設定を開くと、選択しが並ぶ。

2-6. タグの設定を保存し、変更内容を公開します。

画像:Googleアナリティクスの設定画面。画面右上に表示されている公開ボタンをクリック

3. タグが設置できたことの確認

3-1.GA4のプロパティで「リアルタイム」レポートを開き、アクセスが計測できていることを確認します。

画像:Googleアナリティクスの設定画面。リアルタイムレポート画面。各種データが表示される

最後に

今回ご紹介した設定方法は、まずGA4の初めの一歩を踏み出すために「とりあえずGA4のタグを設置する」という方法だけを書いたの内容のため、きちんとサイトを分析できる状態にするためにはまだいろいろな設定が必要です。

「いろいろな設定」については、Google公式のヘルプや二次情報をもとに学習し、コツコツと設定を進めてみてください。

なお、2020/12/03時点で一番おすすめできる学習コンテンツは、小川 卓さんと中田 吉彦さんによるGoogle Analytics 4 無料セミナーの動画です。

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時