【最新事例から読み解く】OMO時代におけるリアル店舗とECの立ち位置

社会全体がデジタル化に向かう中、OMO先進企業によるマーケットの再構築が始まっています。リアル店舗とECの立ち位置も変わっていく状況下で、どのように一貫した顧客体験を届けていくべきか。最新事例を基に解説します。

【最新事例から読み解く】OMO時代におけるリアル店舗とECの立ち位置

こんな方におすすめ

・流通・小売業界関係の方
・EC企画運営のご担当者
・Webマーケティングご担当者
・アパレル、コスメ、家具、生活雑貨、食料品、家電、金融、教育、住宅などのご担当者

リアル店舗の役割の変化とECとの連動

オフラインとオンラインの融合を指すOMO(Online Merges with Offline)。その流れの中で、リアル店舗の役割も多様化しえいます。
現代では、リアル店舗においても多くの人がスマートフォンで情報収集をしながら買い物をしています。これまでリアル店舗中心に運営してきた企業もOMOはマーケティング上の重要課題となるでしょう。
ユニクロの事例などから、リアル店舗に売りの場以上の役割が求められるようになってきていることを見ていきます。

リアル店舗の役割の変化

資料の内容

  1. リアル店舗を持つ企業のOMO戦略
  2. 未来型の店舗運営
  3. 接客と顧客体験の理想形
  4. 良質な接客をオンライン上で実現できるサービス

※この資料は、2021年12月17日開催のオンラインセミナー『いま作るべき、OMO時代におけるデジタルとリアル店舗の立ち位置』(登壇者:竹中真幸氏・宮野敦氏・株式会社Sprocket 代表取締役 深田浩嗣)の内容を再編集したものです。

ダウンロードフォーム

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時