施策の効果を最大化するための 消費者の行動心理をマーケティングに活用する方法

人間が行動をするときにどのような心理に基づいているかを紐解く行動心理学。その原理原則を正しく活用すれば、商品やサービスの魅力を最大限に訴求したり、顧客を動かすことが可能となります。この資料では、マーケティングに活用できる行動心理学についてわかりやすく解説します。

マーケティングオートメーション運用を成功に導く MA・CRM・SFA・Web接客完全活用ガイド

こんな方におすすめ

・EC企画運営のご担当者
・Webマーケティングご担当者
・顧客心理の理解を深めたい方

マーケティングに活用できる行動心理学とは?

顧客の行動心理を推測し、先手を打ったり、消費者心理をついた施策を企画・実行する上で、行動心理学の知識は大いに役立ちます。行動心理学の中でもマーケティング活動において効果的なものを厳選し、具体例を交えながら紹介します。

マーケティングに活用できる行動心理学とは?

資料の内容

  1. 注意が奪われる心理を利用する
    選択的注意・インビジブルゴリラ現象・カクテルパーティ効果
  2. 認知を歪める心理を利用する
    サンクコスト効果・現状維持バイアス・バーナム効果・ハロー効果・クレショフ効果・ストループ効果
  3. 評価基準となる情報を利用する
    アンカリング効果・初頭効果・親近効果・ヒューリスティック効果・ドアインザフェイス・フットインザドア
  4. 好感度や欲求に作用する心理を利用する
    ザイオンス効果・返報性の原理・バンドワゴン効果・スノッブ効果・カリギュラ効果
  5. 顧客心理に基づいた質の高い接客を実現する「Sprocket」
    ユーザーの行動からコンバージョン率を最適化する

ダウンロードフォーム

サービス資料ダウンロード

Sprocketの機能、コンサルタント、導入事例、実績、
プラン体系などをご紹介します。(無料)

資料ダウンロード

導入検討の相談・見積もり

新規導入、乗り換えのご相談、Web接客ツールの比較など
お気軽にお問い合わせください。(無料)

お問い合わせ

03-6420-0036(受付:平日10:00~17:00)