種類と特徴を把握し効果的な運用を Web広告の基本と広告効果を最大化する方法

昨今のマーケティングにおいてWeb広告は不可欠な手段です。この資料では、ウェブ広告の基本的な種類と仕組み、広告効果を高めるために押さえておきたいポイントについて解説します。

種類と特徴を把握し効果的な運用を Web広告の基本と広告効果を最大化する方法

こんな方におすすめ

・Web広告運用のご担当者
・Webマーケティングご担当者
・集客あるいは集客後の施策に課題感のある方

Web広告の成果を高める施策と手法も紹介

広告は出稿したら終わりではなく、効果検証を繰り返し、改善し続ける必要があります。PDCAを回していくためには、集客後のことも含めた設計が欠かせません。Web広告の基本を踏まえた上で、成果を最大化する施策についても見ていきましょう。

Web広告の成果を高める施策と手法も紹介

資料の内容

  1. Web広告の種類や配信方法
    純広告/ネイティブ広告・ディスプレイ広告・ターゲティング広告・リターゲティング広告・SEM・リスティング広告ほか
  2. 広告を横断的に配信、管理するサービスやツール
    アドネットワーク・DSP・SSP
  3. 広告プラットフォームごとの特徴
    Google・Yahoo! JAPAN・Twitter・Facebook・Instagram・YouTube・TikTok・LINE・Amazon
  4. Web広告の成果を考える上で重要な指標
    課金形式・CPM・CPC・CTR/CVR・品質スコア・フリークエンシー・トラッキング・アドフラウド
  5. Web広告の成果を最大化する施策
    ランディングページとWeb接客ツールの活用
  6. 集客後の成果を高める「Sprocket」
    ユーザーの行動からコンバージョン率を最大化する

ダウンロードフォーム

サービス資料ダウンロード

Sprocketの機能、コンサルタント、導入事例、実績、
プラン体系などをご紹介します。(無料)

資料ダウンロード

導入検討の相談・見積もり

新規導入、乗り換えのご相談、Web接客ツールの比較など
お気軽にお問い合わせください。(無料)

お問い合わせ

03-6303-4123(受付:平日10:00~19:00)