品質スコアとは?広告ランクとの関係、品質スコアを決定する3つの要素と改善方法を解説

広告

Sprocket編集部

品質スコアとは?広告ランクとの関係、品質スコアを決定する3つの要素と改善方法を解説

品質スコアとは、Google広告の品質を診断した10段階スコアのことです。品質スコアの改善は、広告の費用対効果を高めるのに役立ちます。品質スコアと広告ランクの関係、品質スコアを決定する3つの要素と改善方法を解説します。

品質スコアとは

品質スコアとは、簡単に言うと「良いWeb広告かどうか」の目安となる評価のことで、Google広告では「品質スコア」、Yahoo!広告では「品質インデックス」と呼ばれています。

広告を表示させるキーワードごとに、クリックされやすいか、ユーザーの検索意図と合っているか、クリックした先のLPはわかりやすいかなどの要素に基づき1〜10の10段階で評価されます。

スコアが高いほど他の広告に比べてクリックされやすく、ユーザーが商品購入や契約に進みやすい広告となるでしょう。間接的には、品質スコアが高いほどクリック単価が低くなる、掲載されやすくなるなどの効果も期待できます。

品質スコアは必ずしも最適化する必要はありませんが、スコアが低い場合は広告の効果や質が低い可能性が高いため、リスティング広告を運用する際には必ず確認しましょう。

品質スコアは「キーワードと完全一致」したインプレッションの評価

品質スコアは、広告に対して設定したキーワードと完全に同じ語句で検索された場合の評価です。例えば「東京 印刷会社」でキーワードを設定している場合、完全一致ではない「千代田区の印刷会社」「おすすめ印刷会社」などの検索結果に表示された数は評価外となります。

つまり、広告の指定キーワードとユーザーの検索語句とで、どの程度厳密な一致を求めるかを調整する「キーワードのマッチタイプ」を変更しても、完全一致ではない検索結果については、品質スコアは変化しません

また、設定したキーワードの検索ボリュームが少なすぎる場合も品質スコアは計算できません。正確な品質スコアを知るためには「広告そのものの質」を高めるだけでなく、自社の広告がどのようなキーワードで検索されているかも把握する必要があるでしょう。

品質スコアが上がるとクリック単価が下がる

品質スコアは広告出稿の際のクリック単価の計算にも使用されます。そのため品質スコアが上がるほど、実際に広告がクリックされた際の単価(CPC)も下がる傾向にあります。

また、品質スコアは「広告ランク」(Yahoo!広告では「オークションランク」)を決める要素の1つでもあります。広告ランクが高くなると同じ入札価格でもより上位に広告が表示されやすくなるため、品質スコアを上げることで間接的に低いクリック単価での上位表示を狙えるでしょう。

特に競合の多い、入札価格が高いキーワードで広告を上位表示させようと思うのであれば、品質スコアを高く維持することで費用対効果を高められるでしょう。

品質スコアと広告ランクの関係については、次に詳しく解説します。

品質スコアと広告ランクの関係

広告ランクとは、広告の掲載順位や広告が掲載されるかどうかを決定する数値のことです。広告の表示候補になるごとに毎回計算され、高いほど上位に広告が表示されやすくなります。

広告ランクにはデバイスやユーザーの位置など様々な要素が関わりますが、大まかに「品質スコア × 入札価格 + 広告表示オプション」の式で決定されます。

つまり、「品質スコアもしくは入札価格を高くする」あるいは「広告表示オプションを追加する」ことで広告ランクを上げられるのです。

品質スコアは広告オークションでの評価対象ではありませんが、広告ランクを上げる大きな要因であるため、間接的に広告のパフォーマンスに影響を与えていると考えられます。

効率的な広告運用には費用対効果の考え方が欠かせません。施策ごとの最適な水準の見極め方をまとめた下記の資料もご参照ください。

デジタルマーケターのための 一生使える費用対効果の基礎知識

品質スコアを決定する3つの要素

品質スコアには「推定クリック率」「広告の関連性」「ランディング ページの利便性」の3つの構成要素があり、それぞれ他社の広告と比較され「平均より上」「平均的」「平均より下」のステータスがつきます。

「平均的」あるいは「平均より下」の要素がないかをチェックし、品質スコアを改善させる手がかりにしましょう。

1:推定クリック率(推定CTR)

推定クリック率とは、指定したキーワードでその広告が表示されたとき、どの程度クリックされるかの割合を予測したものです。

過去の広告の表示回数やクリック数、広告オプションの有無などから計算され、過去や現在のクリック率が高いほど高評価となります。

推定クリック率が高いほど検索意図に合致した広告であると判断されるため、品質スコアも高くなります。ただし、あくまでも推定のため実際のクリック率と一致するとは限りません。

2:広告の関連性

広告の関連性とは、出稿時に設定したキーワードと広告文がどの程度類似しているかの目安です。検索意図に合致した広告文を設定することで、評価が高くなります。

例えば、キーワードを「東京 印刷会社」と設定しているのに、広告文が「オリジナル名刺を最短翌日出荷」という内容である場合、「東京でチラシを印刷してくれる会社」を探しているユーザーにもオリジナル名刺の広告が表示されてしまうため、類似性が高いとは言えません。

キーワードと広告文には同じ語句を盛り込み、ユーザーの検索意図に合った広告であることを示しましょう。

3:ランディングページの利便性

ランディングページの利便性とは、広告をクリックした後に表示されるWebページが検索キーワードと合致しているか、またその情報の信頼性などは高いかなどを評価するものです。

入力フォームや申し込みボタンなど、ランディングページそのもののわかりやすさも評価対象になります。ランディングページの評価を高めるには、次の点に気を配りましょう。

品質スコア

自社広告の品質スコアを確認する方法

自社広告の品質スコアは、Google広告の管理画面から確認できます。手順は以下のとおりです。

  1. Google広告にログインし、左側のページメニューから「キーワード」を選択します。
  2. キーワードやマッチタイプなどの表が表示されるので、その右上にある「表示項目」アイコンをクリックします。(川の字のようなアイコンです)
  3. 「表示項目の変更」を選択し、下の方にスクロールすると「品質スコア」セクションが表示されます。
  4. 「品質スコア」「推定クリック率」「ランディング ページの利便性」「広告の関連性」の中から表示したいものを選択し、チェックを入れます。ここで(履歴)を選択すれば、過去の期間のデータも確認できます。
  5. 「適用」をクリックすると、表に品質スコアや推定クリック率が表示されます。

品質スコアを改善する方法

品質スコアを改善することで、広告を上位表示させたりクリック単価を下げたりする効果が期待できます。

もし品質スコアが低いなら、以下のポイントに従って改善すれば効率よくリスティング広告が運用できるでしょう。

ただし「品質スコアを改善すること」が必ずしもそのまま「コンバージョン率が高い、質の良い広告を作ること」になるとは限りません。あくまでも品質スコアは目安として、自社にあった広告戦略を取るようにしましょう。

推定クリック率(推定CTR)の改善方法

推定クリック率を改善するためには、現在のクリック率を高めることが重要です。そのためには「今月まで」「初回限定」など、広告を見たユーザーに「今この広告をクリックしなくては」と思わせる広告タイトルにすることが有効です。

「発売初日に50万枚を突破」「30年の実績」など数字を使ったアピールも目を引きやすいため積極的に活用しましょう。ただし、クリック率を高めることだけを目指すと、自社の商品やサービスとマッチ度が低いユーザー層のクリックも増えてしまうため、結果としてクリック数が伸びてもコンバージョン率は下がってしまいます。

ブランドイメージに合わせた広告文を考えることで、ターゲット層に的確にクリックしてもらえるようにしましょう。例えばオーダーメイドジュエリーであれば「あなただけの思い出を形に」、納品の早さを特徴とする印刷会社なら「午前中までの注文なら最短当日受取可能」など自社の特徴や強みを盛り込んだ文章にします。

広告の関連性の改善方法

広告の関連性を高めるためには、タイトルや見出し、広告文の中に検索キーワードと一致する語句を含めるようにしましょう。ただし、多くの検索クエリで広告の関連性を高めようとして単語を詰め込みすぎるのは逆効果です。

どんな広告なのかわかりづらくなるうえに、ターゲットが広範囲になりすぎて、どのユーザーに対しても訴求力が弱くなってしまいます。

広告に対して複数のターゲットを想定している場合は、ターゲットごとに違う検索キーワードを設定し、異なる広告文でアプローチするようにしましょう。

また、抽象的なビッグワードや多くの検索意図が考えられるキーワードでの広告配信を考えている場合は、除外クエリを丁寧に設定することも有効です。ユーザーの検索意図と合致した場合にのみ広告が表示されるようになるため、関連性が高まるでしょう。

ランディングページの利便性の改善方法

ランディングページの利便性を高めるためには、ランディングページにおいて、広告に設定したキーワードの検索意図と合致した内容が表示されるようにしなくてはなりません。つまり、広告出稿時に設定したキーワードと広告文、ランディングページの内容はすべて一貫している必要があります。

広告から自社の公式サイトにリンクを貼るよりも、広告専用のランディングページを準備したほうが、より検索結果に対して特化できるため利便性が高まるでしょう。

また、ランディングページの内容だけでなくその使いやすさ、情報の信頼性なども評価の対象です。

わかりやすい入力フォームやストレスのない表示速度であるか、会社情報の記載内容は十分かなどをユーザー目線でチェックしましょう。

サービス資料ダウンロード

Sprocketの機能、コンサルタント、導入事例、実績、
プラン体系などをご紹介します。(無料)

資料ダウンロード

導入検討の相談・見積もり

新規導入、乗り換えのご相談、Web接客ツールの比較など
お気軽にお問い合わせください。(無料)

お問い合わせ

03-6303-4123(受付:平日10:00~19:00)