【連載第3回】デジタルマーケティング施策は自社でやるべきか? 外注するべきか?

マーケティングノウハウ

深田 浩嗣

画像:弊社代表深田の著書「いちばんやさしいコンバージョン最適」の表紙と本ブログタイトル

デジタルマーケティングの解決施策にはいろいろな手法ありますが、社内のリソースを雇ってインハウスでやる場合と、外部のリソースを使ってやる場合とがあります。

こういう場合にいつも天秤になるのが「それは自社でやるべきなのか、外部に任せるべきなのか」の選択です。

今回は、内製・外製のメリット・デメリットについてお伝えします。

この記事の目次

内製は社内に知見がたまり、
外製は成果が出るのが早いのがメリット

内製の志向性の強い会社もあれば、逆に成果が出るならと費用対効果で割り切る会社もあり、判断の基準は各社さまざまです。

内製志向の会社は、1 つずつ自分たちでしっかりと考えて社内に知見を貯めるべきという考えをもっています。一方、成果志向の会社の場合、とにかく成果が出ることが重要だと考えています。

どちらが良いということではなく、それぞれに長短があります。

内製志向の課題は「時間がかかる」こと

内製志向の場合、丁寧なのはいいのですが、どうしても時聞がかかってしまいます。また知見を貯めるといっても、あらゆる領域ですでにノウハウをもっている外部ベンダーと同じ水準に到達するのは現実的に困難です。また自社のやり方に固執することがかえって間違いに気づきにくくなるという側面もあります。

外製志向の課題は「自社の判断力が育たない」こと

一方、成果志向の会社の場合、成果でどんどん判断するのはスピードが上がります。しかしなぜ成果が出ているのか、あるいは出ないのかを理解しないまま結果だけを見ていると、目利き力が育たず、外注先の当たり外れに依存した取り組みになってしまいます。

「内製か外製か」の決定時に判断すべきポイント

いずれにしても、「何を自社でやるべきで、何を外部に任せるべきか?」「外部を使うにしても自社で吸収すべきことは何なのか?」「効率的な知見の獲得には何がいいの?」「何を試して何がわかればいいのか?」といったことを判断することが大切です。

内製か外製かを考えるうえでは、優先度に加え、知見の吸収やそこにかかるコスト、社内にもつべき知見が何かの判断といったことが大切になってきます。

我々ベンダーとしては、どちらのスタンスを重視しているのか、また社内でどのような説明の仕方が納得を得られやすいのかということは、事前に教えていただくほうが、より適切な解決方法を提示しやすくなります。

まとめ

デジタルマーケティング施策の内製・外製のメリット・デメリットはそれぞれにあります。

内製

外製

これらを理解したうえで、どちらを選んでも、デメリットを最小限におさえる工夫をすることが重要です。

Sprocketのスタンス

SprocketはWeb接客シナリオを活用したコンバージョン改善施策を実施する上で、原則的にはシナリオの企画から設定、改善の実施まで一通りの運用オペレーションも合わせてご提供しています。

過去の経験から、Web上で接客するという取組はこれまでにない新しい概念として捉えたほうがよく、実践で成果を出していくにはかなりの試行錯誤を要すると考えているためこのようなスタンスを採用しています。

これまでに2000を超えるWeb接客シナリオを投下、5000以上のABテスト、10000以上のパターンで検証を行なってきた経験をまずは活かしていただくほうが導入成果はスピーディに出すことが出来ます。

半年など一定期間経過後、勘所がつかめてこられた段階で自社での運用に切り替えていくといった支援は可能ですので、うまく内製・外注のバランスをとったいいところどりをご提案しております!

いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本〜人気講師が教える実践デジタルマーケティング

深田浩嗣 著 / 2017年3月 インプレス刊

画像:弊社代表・深田が出している「いちばんやさしいコンバージョ最適化の教本」の表紙

本記事は、私が2017年に出版した「いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本」から、特に多くのサイト運営者・経営者に知ってほしい重要なポイントを、再編集しました。よりくわしい解説や、コンバージョン最適化の全体像を知りたい方は、ぜひ本書を読んでください!

https://www.amazon.co.jp/dp/4295000159

▼連載:いちばんやさしいコンバージョン最適化のコツ 記事一覧

  1. 成果に結びつくコンバージョン・指標を設定するポイントとは?
  2. コンバージョン改善施策の失敗でありがちな3つの間違った指標
  3. デジタルマーケティング施策は自社でやるべきか? 外注するべきか?
  4. コンバージョン最適化は3つの階層で考えよう
  5. KPIツリーでコンバージョン最適化を考えよう

  6. 単品系ECサイトのKPIツリー
  7. 予約系サイトのKPIツリー
  8. 資料請求、体験/来場予約系サイトのKPIツリー
  9. なぜユーザは離脱するのか?
  10. コンバージョン最適化には「リアル店舗」の接客を参考にしよう
  11. コンバージョン向上に欠かせない「ABテスト」で効果を上げるためのコツと結果分析での注意点

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時