カゴ落ちを防ぐ3つの施策 | ノウハウと成功事例

ECサイトでの「カゴ落ち」は、売り上げに直結する大きな課題です。ここでは、カゴ落ちを防ぐためのチェック項目と、カゴ落ちを防止する3つの施策を実際の成功事例とあわせて23ページの資料でご紹介します。

図:カゴ落ちを防ぐ3つの施策 | ノウハウと成功事例

こんな方におすすめ

・ECサイトの売り上げを増やしたい方
・カゴ落ちを減らしたい方
・Webサイトに手を加えられないが、何か対策をしたい方

資料の概要

2019年のBaymard Instituteの調査によると、カゴ落ち率の平均値は69.57%と70%近くにものぼります。また、Barillianceの調査では、モバイルでは85.65%ものユーザーがカゴ落ちしているというデータもあります。

なぜ「カゴ落ち」が発生してしまうのでしょうか? その理由は、Webサイトのユーザビリティや情報の不足にあります。

図:購入意欲の高いユーザーの離脱は大きな機会損失

カゴ落ち率は50%未満まで下げられる

カート・入力画面でSprocketを利用しているWebサイトを調査した結果、カゴ落ち率は平均で49.7%でした。適切な案内で情報の不足を補うことで、2人に1人は商品のカート投入後に購入に至っていることになります。

図:Sprocket導入実績調査結果から。カゴ落ち率は僅か49.7%

カゴ落ちを防ぐチェック項目

カゴ落ちを防ぐには、まずは何が原因で、どこで離脱しているのかを確認します。すぐにできるチェック項目をご用意していますので、自社サイトがどのような状況かを確認してみてください。

図:カゴ落ちを防ぐチェック項目

カゴ落ち対策の成功事例

カゴ落ち対策には、大きく3つの施策があります。それぞれの施策について、実際の成功事例とあわせてご紹介します。

図:事例 株式会社ワコール様

ECサイトでは、カゴ落ち対策をしたくてもWebサイトの内容を変更しづらいケースもあります。そのようなときは、Webサイトに手を加えずに接客できるWeb接客ツールをご検討ください。

ダウンロードフォーム

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時