Sprocket 公式ブログ

サイト分析機能について社内ワークショップを行いました

2019年10月16日(水) by Kazushi Sorakubo

 

Sprocket のコンサルタントは、それぞれ専門性を持ってクライアントをご支援しています。
各コンサルタントが持つ専門性を共有してレベルアップを図るために、運用時にどういうサイト分析を行っているかの発表と、今後開発するサイト分析機能を検討するための社内ワークショプを行いました。その様子をお伝えします。

タイムテーブルは?

こんな感じで、1日かけてワークショップしました。

ws_timetable-1

まずは各自のノウハウを共有

1人5分の持ち時間で、各コンサルタントがどういう分析手法を使っているか紹介します。
社内ツールを使っているメンバー、Google Analytics のプロなので 3rd party ツールを使っているメンバーなど、コンサルタントによって異なる分析手法を使っており、とても興味深かったです。プロダクトマネージャーなのに知らない社内ツールもありました(汗)

発表スライドからいくつかご紹介。

バブルチャート分析

ページを CV 率と UU 数の2軸でプロットしたグラフです。
こういう形で整理すると、ページごとの課題がはっきりして面白いですね。右下は UU 数が多いが CV 率が小さく、施策実施ページの第一候補ということになります。

バブルチャート

サーチハブ

最近流行りのゴールデンルートの発見に使います。
Sprocket タグを入れるだけで、こんな分析も一瞬できるんですよ!

search_hub_1d42cc26862844ab83d08e24bf44c837

ヒートマップ分析

よく見られている場所を視覚的に把握できます。
CV ユーザーに絞ったヒートマップ画像を作成し、接客により該当箇所に誘導することで、 CVR を向上できます。

Service_Heatmap_01

良い発表をしたら好きなお弁当を選べます(でもそれは罠かもしれません)

 ランチはケータリングで6種類のお弁当を調達 + 近所のミニストップで1個だけ購入して「特別弁当」として梱包。
一番良い発表ができたメンバーが好きなお弁当を選べるルール。
こちらは優勝した茂木さん。
データを取り扱う DMSData Marketing and Science)チームにも参加していて、さすがの結果!
「えー、ボクもすきやき弁当がよかったですぅ」と肩を落とさないで。ミニストップのシュウマイ弁当(特大サイズが5個入り)+ミニストップのお惣菜詰め合わせの「特別弁当」は、きっと他のケータリング弁当より美味しいはずだから。

motegi_ws

こちらはお弁当争奪戦の様子(一番人気はすき焼き弁当でした)。
筆者は狙っていたハンバーグ弁当をゲット。

lunchtime_ws

続けて、チームに分かれてディスカッション

 午前中の発表を受けて、次はチームに分かれてサイト分析のニーズをさらに深堀りするディスカッションを実施します。
1チーム78 ✕ 3チーム。セブ島からのリモート参加者も。
どんな様子か見てみましょう。

 「チームS」は会議室派。社長がいるからか、まじめな感じですねー。

teams_ws

「チームP」はホワイトボードを使って議論。活発に議論されているようです。

teamp_ws

「チームR」はプロジェクターを使って。スマートな感じですね。

teamr_ws

引きの絵はこんな感じ。まだまだオフィススペースに余裕があります。

team_ws

お菓子も大事ですよね〜。(写真はほとんど食べられてしまった後)

snack_ws

そして発表。優勝チームは??

ワークショップの締めは、チームごとに発表。
優勝は〜
ドドドドド Sチームでした。(Sprocket S です)
記念写真をパチリ。
おめでとうございます〜!! みなさん、ポーズは微妙ですね。。。

winteam_ws

Sチームは、分析手法・手順が一番具体的でした。
発表が上手だった(わかりやすかった)のも勝因の1つですね。

他のチームも頑張りました!

まとめ

今回こうやって、新しいオフィスでワークショップができて、まずは引っ越して良かった〜と思いました。
Sprocket は自由な働き方ができる会社なので、全員が顔を合わせて話をする機会が少なくなりがちです。今後もこういう形でワークショップをやっていきたいです! 

それから、コンサルタントが実際にどのようなサイト分析を行っているか、意見交換や、今後の製品開発の要望をディスカッションできたことは、スキルアップ、製品ニーズの把握など、とても良い機会になりました。
やっぱり情報共有って大事ですね。今日の内容を来年以降の製品開発につなられればと思っています。

最後に、Sprocket のメンバーが普段どんな感じで仕事をしているか、写真から感じ取っていただけると幸いです。

おわり

最新記事

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください

03-6303-4123
平日10:00–19:00

「成果につながる顧客体験」へのヒントがここにあります