【WEBマーケティング用語集】CRO:コンバージョン率最適化

1.CROとは

CRO(Conversion Rate Optimization)とは、サイトへの訪問者のコンバージョン率を高めるための施策のことをいいます。離脱率が高いサイトでは改善を行なうことによってコンバージョン率を大幅に上昇させることができます。
具体的には、ランディングページを改善する、フォームでの離脱を減らす、意図する導線への誘導を高めるなどの施策があります。

2.CROを実施するためのポイント

CROを実施するポイントは3つあります。

まず確認すべきなのが、コンバージョン率に深く関わっているエントリーフォームです。本当に必要かどうかフォームの項目をひとつひとつ確認していきましょう。その他にも、必須・任意の表記や入力完了までのステップ、記入例を表記するといった工夫を行なうとコンバージョン率を上げることができます。EFOについてはこちらでも紹介しています。

【WEBマーケティング用語集】EFO:サイトを改善したい場合には必須!

次にCTAとはCall to Actionの略で、「購入はこちらボタンなどを指しますが、それを改善することも効果的です。例えば「購入はこちら」ではなく「無料資料請求」に変更し、敷居を下げただけで最終の購入率が上がったという事例があります。
また、オレンジは目立つ色のためコンバージョン率が高い色とされているなど、ボタンと背景色のバランスを考慮するという施策も一つの手です。

最後に導線についてですが、ユーザーを最終コンバージョンへ誘導させるために、トップページや商品ページからエントリーフォームに導かれるまでのユーザー数の割合やフォーム入力から完了して送信するまでのユーザー数の割合に注目しましょう。前者のほうが低い場合はCTAに、後者の方が低い場合はエントリーフォームそのものに問題があるといえます。

改善の際はそれぞれ改善するポイントが異なるため、切り分けて考える必要があります。同時にふたつのことを行なうのではなく、より悪いほうから順に改善していくことをおすすめします。

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時