【連載第10回】コンバージョン最適化には「リアル店舗」の接客を参考にしよう

マーケティングノウハウ

深田 浩嗣

「実店舗での接客」もサイトのコンバージョン最適化の参考になります。「Web接客ツールの提供」という仕事柄、実店舗での接客をリサーチすることがよくありますが、店頭の販売員の接客プロセスは概ね図表のようになっています。

この記事の目次

接客が上手な販売員が行う「お客さまが気持ちよく購入する」接客プロセスとは?


誰しも「購入を決める」ことには心理的なハードルが伴います。実店舗で接客が上手な販売員は、顧客がこのハードルを無理にではなく自発的に越えられるよううまくあと押ししており、「声かけ」「質問」「提案」「ク口ージング」「正当化」といった各プロセスで実践しています。

このなかでは「正当化」が見慣れないかもしれませんが、これは購入後に「いい買い物でしたね」この商品を買ってよかったとお礼に来られる方もいらっしゃいます」など購入の意思決定が間遣いでないと顧客が自分を正当化できる手助けをすることです。

Webサイトの分析にリアル店舗の接客プロセスの考え方を取り入れる方法


これらの実店舗での接客をWebで実現するためには「ファネル」の分析が有効です。

ファネル分析とは、コンバージョン行動に至るプロセスを経るにつれ、どこでどの程度の離脱が発生したのかを可視化したものです。ファネル分析は、いちばん下にコンバージョン行動の実施者数を書き、その上部に途中段階での代表的な行動の実施者数を順に書きます。

<カート投入から購入完了までのファネル分析の例>

ファネル分析ではあるプロセスから次のプロセスまでの遷移率(あるいは離脱率)から、離脱が多く発生している場所を見つけられます。離脱が多い部分について、「実店舗の接客プロセス」と照らし合わせて、コンバージョン率の向上につながる施策ができるか検討してみましょう。

課題の例と実店舗・Webでの解決施策の例

課題 実店舗での接客 Webでの接客

決済前のカート放棄率が高い

Webサイトでの課題は、実店舗の接客プロセスでいうとどこに課題があることを意味しているのか。実店舗ではその課題解決にどのような取組が行われているか。それをWebサイト上で表現するにはどのようにすればよいか。

このようなことを考えていくことで、Webサイトでの解決策のヒントが得やすくなります。

まとめ

デジタルマーケティングでは実店舗での接客手法はまだ取り入れられてないことが多く、その分改善の余地があります。まだ取り入れたことがなければ新しい視点としてぜひ考えてみてください。

いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本〜人気講師が教える実践デジタルマーケティング

深田浩嗣 著 / 2017年3月 インプレス刊

本記事は、私が2017年に出版した「いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本」から、特に多くのサイト運営者・経営者に知ってほしい重要なポイントを、再編集しました。よりくわしい解説や、コンバージョン最適化の全体像を知りたい方は、ぜひ本書を読んでください!

https://www.amazon.co.jp/dp/4295000159

▼連載:いちばんやさしいコンバージョン最適化のコツ 記事一覧

  1. 成果に結びつくコンバージョン・指標を設定するポイントとは?
  2. コンバージョン改善施策の失敗でありがちな3つの間違った指標
  3. デジタルマーケティング施策は自社でやるべきか? 外注するべきか?
  4. コンバージョン最適化は3つの階層で考えよう
  5. KPIツリーでコンバージョン最適化を考えよう

  6. 単品系ECサイトのKPIツリー
  7. 予約系サイトのKPIツリー
  8. 資料請求、体験/来場予約系サイトのKPIツリー
  9. なぜユーザは離脱するのか?
  10. コンバージョン最適化には「リアル店舗」の接客を参考にしよう
  11. コンバージョン向上に欠かせない「ABテスト」で効果を上げるためのコツと結果分析での注意点

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時