Web接客ツールを導入したい! 導入の際に気をつけなくてはならないことは?導入フローは?

Web接客ツールの導入の仕方

Web接客ツールの導入は基本的には簡単に行なえます。

ツールによって導入の方法に多少の差はありますが、概ね以下の手順で導入が可能です。

 手順は以下の通りです。

  1. メールアドレスなどの必要なクライアント情報を登録
  2. サイトのURLを登録
  3. 専用タグをサイトにコピー&ペースト
  4. 商品の価格情報や商品IDなど、URLから情報を判定できないような情報をパラメータとして専用タグに付加
  5. 接客シナリオを設定

という流れになります。ツール側で情報を取得するために、専用タグを発行してもらった後は取得したい情報をパラメータとしてタグに追加する作業がありますので、導入企業側に開発の知見を有している人間がいると導入がスムーズです。またはSprocketのように、パラメータを管理画面側で設定できるため専用タグ1つをサイトへコピー&ペーストをするだけで導入ができるといった導入企業側の手間を省けるツールも存在しますので、それを選ぶのも一つの手です。

Web接客ツールの導入することのメリット・デメリット

メリットとしては、

デメリットとしては、

まとめ

Web接客ツールの導入までのメリット・デメリットをご理解いただけましたでしょうか。それぞれの接客ツールには特徴がありますので、自社の状況に合わせてどのツールを導入すべきか検討してみてください。

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時