Facebook bot に wit.ai のボットエンジンを連携させてみる

テクノロジー

中田 稔

前回の記事で作成した bot に、先日 F8 で発表された wit.ai の bot engine を連携させてそれっぽい感じにしてみました。API Gateway + Lambda で作成していてステートレスなので、会話のコンテキストを保持するために SimpleDB を用いています。環境に応じて、ElastiCache や RDS、DynamoDB 等に置き換えることも可能です。

前回の記事
API Gateway + Lambda で Facebook bot を作ってみる

wit.aibot engine

API Gateway + Lambda で作成していてステートレスなので、会話のコンテキストを保持するために SimpleDB を用いています。

環境に応じて、ElastiCache や RDS、DynamoDB 等に置き換えることも可能です。

wit.ai で会話のストーリーを作る


wit.ai に sign up し、新規に app を作成します。

QuickStart にあるように、指定した地域の天気を返す会話を作成していきます。

今回は QuickStart に倣って wit/location を選んでいますが、以下のように会話のコンテキストとして判別可能な様々なエンティティが存在しますので、状況に応じていろいろカスタマイズしてみてください。

wit.ai の API アクセストークンを取得する


右上の Settings をクリックすると、API 利用するためのアクセストークンが取得できます。
今回はクライアント利用ですので、クライアント用のトークンをメモしておきます。

Amazon SimpleDB を作成する


wit.ai の会話のコンテキストを保持するために、SimpleDB でドメインを作成します。

aws sdb create-domain --domain-name facebook-testbot

Lambda の IAM Role にポリシーを追加する


Lambda が利用する IAM Role が SimpleDB にアクセスできるように、インラインポリシーを追加します。
以下の様な InlinePolicy.json を作成し、

InlinePolicy.json
{

"Version": "2012-10-17",

"Statement": [

{

"Effect": "Allow",

"Action": "sdb:*",

"Resource": "arn:aws:sdb:*"

}

]

}

既存の IAM Role に付与します。

aws iam put-role-policy \

--role-name lambda-facebook-testbot \

--policy-name AsscessSimpleDB \

--policy-document file://InlinePolicy.json

Facebook bot を wit.ai に対応させる


前回 の延長になります。

git clone -b v0.2.0 git@github.com:u-minor/facebook-testbot.git

設定ファイルの修正


config/development.yml の wit.token に先ほどメモした wit.ai のアクセストークンを設定します。

npm パッケージのインストール


依存パッケージとして新たに node-wit が追加されていますので、npm install します。

Lambda function の更新


gulp updateLambda --env=development で Lambda function を更新します。

動作確認


Lambda の更新が完了したら、Messenger で「What's the weather?」と会話してみましょう。
うまく行けば、下の画像のように会話ができるはずです。

総括


地域の天気を返す bot 風になっていますが、天気は固定で cloudy と応えるだけで、実際の天気を返す部分は割愛しています。
天気 API はいくつかありますので、適当に連携させてください。

wit.ai は Messenger API に結合されているのかな、と最初は思ったのですが、facebook for developers からは wit.ai へのリンクが張られているだけで、やや拍子抜けでした。疎結合という意味では綺麗ですね。
実装については、Lambda のようなステートレスな環境では会話のコンテキスト維持がやや面倒なだけで、基本はシンプルに連携できるようになっています。
ストーリーという形で会話のシーケンスを定義していき、必要なエンティティをコンテキストに追加していく、という発想は、なるほどな、と関心しました。

今回の wit/location のようなエンティティはある程度自動判別してくれるようになっているようで、ここに機械学習的な要素が含まれていると考えられます。
試しに「in Kyoto」のように未知のエリアを入れてもきちんと判断してくれますし、wit.ai の Inbox に未知のワードの予測結果が表示され、学習させることができるようになっているのが面白いです。

単語がスペースで区切られるような欧米圏の言語しかサポートされていないようですが、mecab のような分かち書きができれば日本語等への応用もできるのかもしれません。

完全な機械学習による自動会話とは趣旨が異なりますが、人がある程度会話のパターンを定義してあげることでライトに使えるというアプローチは非常に興味深い手法で、活用範囲を絞ればいろいろ便利な気がします。

著者:中田 稔 Sprocket CTO

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時