【12/17開催】いま作るべき、OMO時代におけるデジタルとリアル店舗の立ち位置

消費者の価値観やライフスタイルが変化し、企業もOMO時代に向けて、ますます店舗やデジタルでの顧客接点を進化させなければいけません。しかしながら、OMOの施策を実施するまでに、課題は多く、実現できているケースも多くはありません。今回は、eコーマスのあり方、リアル店舗のあり方、それぞれの立ち位置など、必要な知見や考え方をお伝えいたします。

本イベントは、終了いたしました。
たくさんのご参加ありがとうございました!

このイベントのレポートを見る

↓このイベントのアーカイブ動画をみる

バナー:いま作るべき、OMO時代におけるデジタルとリアル店舗の立ち位置

こんな方におすすめ

・顧客体験にご興味のある方
・EC企画運営のご担当者
・Webマーケティングご担当者
・すでにWeb接客ツールを運用していてリプレイスを検討している方
・アパレル、コスメ、家具、生活雑貨、食料品、家電、金融、教育、住宅などのご担当者

開催概要

開催日時 ~ 19:00
開催場所 オンライン
参加料金 無料
参加方法 オンライン配信(事前登録制)でZoomを使用いたします。
ページ下部のフォームよりお申し込み完了後、視聴用URLをお送りいたします。
主催 株式会社Sprocket
事務局 株式会社Sprocket セミナー事務局
Tel:03-6303-4123/Mail: marketing@sprocket.bz(担当:嶋田)

※主催と競合するサービスや事業を展開されている企業からのご参加はお断りする場合がございます。
※プログラムは変更となる場合がございます。

登壇者

竹中 真幸 氏

写真:竹中真幸氏

2008年イオンリテール入社。店舗勤務を経験後、2010年からeコマース及び営業企画に従事してきた。
イオン時代には各事業のeコマースの立上げやリプレイス、共同配送やRFIDの導入などを行い、ポイントプログラム、アプリ、SNS、各広告事業等、新規事業の立案および推進業務を経験。
2019年にコックスに入社。デジタル戦略部長を得て、イノベーションラボ室長に着任。着任後は新たなサービスの導入や事業の立上げを経験し、Mask.comでは大きな話題を作ることに成功。2021年よりゲオに入社。
eコマースリプレイスの担当しながら、日本が世界で戦える新たなサービス構築を目指す。

宮野 敦 氏

写真:宮野敦 氏

1996年コックス入社。店舗勤務後、2002年から約20年商品企画を経験し2019年よりeコマースの運営やリプレイスを責任者として経験。
同年より新規事業推進プロジェクトリーダーも兼務して、EC限定ブランドのZOZOTOWN出店や、コロナ禍でのMask.comブランドの責任者となりリアル店舗とEC店舗を出店してメディアに大きく取り上げられる。現状は、OMOを推進し、リアル店舗とEC店舗の融合と拡大を進めている。

株式会社Sprocket
代表取締役 深田 浩嗣

写真:株式会社Sprocket 深田浩嗣

2000年 株式会社ゆめみ 創業、2014年 株式会社Sprocket 創業。
15年に渡りモバイル領域でのデジタルマーケティングを提供しECを中心に200社以上の立ち上げ・改善を実施。
日本古来のおもてなしにおける企業・顧客の関係性に感銘、未来はここにあると確信。テクノロジーを使って現代流にするべく日々試行錯誤。
著書「いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本」、他。

本イベントは、終了いたしました。
たくさんのご参加ありがとうございました!

このイベントのレポートを見る

このイベントのアーカイブ動画を視聴する

下記フォームよりお申し込みいただくと、動画を視聴いただけます。

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時