成功する定番シナリオ [金融編]

銀行、証券会社、保険会社、カード会社などの金融商材に共通する課題は「ユーザーと企業で、商品知識のギャップが大きい」ことにあります。金融業界の課題を解決するのに有効な定番シナリオ3選を20ページの資料でご紹介します。

図:成功する定番シナリオ [金融編]

こんな方におすすめ

・金融系サイトのコンバージョンを増やしたい方
・金融業界ならではの悩みを抱えている方
・キャンペーンのお知らせばかりでコミュニケーションが足りないと感じている方

資料の概要

金融商品は「ユーザーによって商品知識に差がある」「人生で何回もくり返し申し込むものではない」「動機付けが弱い」などの課題があります。だからこそ、ほかの業界と比べてよりていねいな接客が必要です。

金融業界に特に有効な3つの定番シナリオは、次のとおりです。

来訪目的別誘導シナリオ

金融系商品を見に来るユーザーは、何かしらのきっかけがあるはずです。「社会人」「引っ越し」「結婚」「出産」など、ユーザーになじみがある言葉で、実店舗のように来訪目的を訪ねます。

図:来訪目的別シナリオ

不安払拭・離脱防止シナリオ

商品知識が不足していると、不安はつきものです。「ユーザーが不安を感じていることは何か」「背中を押せるひとことは何か」という視点で接客するシナリオです。

図:不安払拭~離脱防止シナリオ

オプション利用促進シナリオ

本当はほかにぴったりの商品がある場合でも、ユーザーは自分が知っている範囲でしか商品を選べません。ユーザーが詳細ページを読みに来てくれるのをじっと待つのではなく、商品を知るきっかけを作るシナリオも有効です。

図:オプション利用促進シナリオ

本資料では、それぞれの定番シナリオでの具体的なノウハウに加えて、「カクテルパーティ効果」「カチッサー効果」」など、ユーザーの心理を考える際に役立つ豆知識もご紹介しています。

ダウンロードフォーム

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時