リアルタイム検索とは?マーケティングにも活用できる機能をわかりやすく解説

デジタルマーケティング

Sprocket編集部

リアルタイム検索とは?マーケティングにも活用できる機能をわかりやすく解説

リアルタイム検索は、ユーザーにとって興味や関心のある出来事の最新情報検索できる便利な機能です。ですが、何ができるのかを知らなければ、使いこなすことはできません。ここでは、リアルタイム検索の概要とマーケティングとしても活用できる検索機能を解説します。

リアルタイム検索とは?

リアルタイム検索とは、キーワードやトピックスなどについての情報を、SNSなどの情報を含めて秒単位で検索結果に反映する仕組みのことです。キーワードやトピックスの検索ボリューム、ニーズについても調べることができます。

まずは、リアルタイム検索のメリットやリアルタイム検索の種類と制約などについて、ご紹介しましょう。

リアルタイム検索のメリット

リアルタイム検索を使い、キーワードやトピックスなどの最新情報を検索することで、どのようなメリットがあるのでしょう。

例えば、リアルタイム検索では、注目度の高い情報を収集できます。ですから、事故や災害が起きた際に、現場の状況を確認するなどの情報収集に役立ちます。

また、ユーザーの関心が高いキーワードをリサーチできますので、個人のブログや企業のオウンドメディアなどの記事制作に応用すれば、被リンクを集めるチャンスが生まれます。

リアルタイム検索の種類と制約

リアルタイム検索の種類としては、検索サイトやSNSの検索機能などが挙げられます。具体的には、「Yahoo!リアルタイム検索」「Googleトレンド」などです。

しかし、一口にリアルタイム検索といっても、通常の検索のように、インターネット上のすべてのコンテンツが対象とは限りません。例えば、Googleトレンドでは、ニュースなど時事性が高い検索ワードの場合は通常の検索にも自動反映されますが、そうでない検索ワードの場合では通常の検索結果には反映されません。

例えば、「台風 コース」で検索すれば、現在発生している台風についてのリアルタイムな情報が上位表示されますが、「新垣結衣 出演作」であれば、最新作が表示されるわけではないということです。

Yahoo!リアルタイム検索の場合、Twitter、Facebook、InstagramといったSNSの投稿を検索できますが、Twitterであれば日本語限定、Facebookであれば公開設定のテキスト、Instagramであれば人気アカウントのみといった制約があります。

また、SNS系のリアルタイム検索としては、Twitterのリアルタイム検索の場合、Twitter内のツイート(つぶやき)しか検索結果に反映されないといった制約があります。

リアルタイム検索を行う方法

リアルタイム検索は、普段使っている検索窓から検索するのではなく、「Yahoo!リアルタイム検索」や「Googleトレンド」など、検索サイトのサービスページから利用したり、Twitterなどでは特定のハッシュタグで検索したりする必要があります。ここでは、リアルタイム検索を行う方法について、ご紹介しましょう。

Yahoo!リアルタイム検索の使い方

まずは、Yahoo!リアルタイム検索の使い方です。Yahoo!リアルタイム検索は、Yahoo! JAPAN IDのアカウントは必要ありませんので、任意のブラウザ上で「Yahoo!リアルタイム検索」のページを開きます。

次に、ページ上部にある検索窓にキーワードを入力し、「検索」ボタンをクリックします。なお、表示される検索結果のページでは、「すべて」と「画像・動画」タブがありますので、希望のタブを選びましょう。また、「並び替え」機能では、「新着順」と「話題順」が選べます。

Yahoo!リアルタイム検索ページでは「急上昇ワード」「トレンド」「人気ツイート」「テレビ」「電車遅延」などのリアルタイム情報が表示されます。

Googleトレンドの使い方

Googleトレンドの使い方です。Googleトレンドも、Yahoo!リアルタイム検索同様にGoogleのアカウントは必要ありませんので、任意のブラウザ上で「Googleトレンド」のページを開きます。

次に、ページ上部にある検索窓にキーワードを入力し、「検索」ボタンをクリックします。なお、表示される検索結果のページでは、デフォルトで「日本」「過去12ヵ月」「すべてのカテゴリ」「ウエブ検索」が設定されていますので、絞り込みを行いたい場合は、設定を変えましょう。

Googleトレンドのトップページでは「Year in Search: 検索で振り返る」「最近の急上昇」などの情報も表示されます。

Twitterのリアルタイム検索の使い方

Twitterでリアルタイム検索をする方法です。こちらも、Twitterアカウントは必須ではありません。任意のブラウザ上で「Twitter」のトップページを開きます。

次に、ページ上部にある検索窓に「#リアルタイム検索」を入力し、エンターキーを押して検索します。表示される検索結果のページでは、「話題のツイート」「最新」「アカウント」「画像」「動画」のタブから、希望のタブを選びましょう。

Yahoo!リアルタイム検索の機能をマーケティングに活用する

リアルタイム検索は、トレンドにマッチした施策を打ち出したいときや、ユーザーの反応を把握するなど、マーケティングにも活用できます。リアルタイム検索をマーケティングに活用するためには、プラットフォームごとに利用できる機能について熟知しておくといいでしょう。

ここでは、Yahoo!リアルタイム検索でできることをご紹介します。

リアルタイム検索

感情分析機能を活用する

Yahoo!リアルタイム検索のユニークな機能としては「感情分析機能」があります。「感情分析機能」は、Yahoo!リアルタイムの検索結果ページの右カラムに「感情の割合」として表示されます。

Yahoo!リアルタイム検索では、Twitter、Facebook、InstagramといったSNSの投稿を検索できますが、その投稿がネガティブな発信なのか、ポジティブな発信なのかを、時間ごとにその割合を分析したり、内容を確認できたりします。

感情分析機能をマーケティングに活用する場合、自社の広告がどのような評価を受けているのかを調べることに使えます。最近では、CMやポスターなどで、一部から差別だと指摘される声が出るなど、予期していなかった印象を与えていたりするケースもあるので、ネガティブな発信の割合が多い場合は、その内容を確認して改善すべきでしょう。

「話題なう」を活用する

また、「話題なう」もマーケティングに活用できる機能です。「話題なう」は、Yahoo!リアルタイム検索のページにある検索窓から「話題なう」というキーワードで検索することで、話題になっている回数の多いキーワードを調べられます。

トレンドに合わせたマーケティング施策を打ち出したいなら、「話題なう」を利用できます。また、トレンドとなっているキーワードは、SEO対策にも有効です。そこで、自社メディアの記事に利用できるキーワードがあれば、有効活用しましょう。

特定の条件でTwitterの情報を絞り込む

Yahoo!リアルタイム検索では、特定の条件でTwitterの情報を絞り込むことができますので、自社のアカウントで発信したツイートや、設定したハッシュタグのツイートをのみを検索できます。マーケティング分野での活用方法としては、施策に利用したハッシュタグで、ユーザーがどのようなツイートをしているのかを確認するなど、情報整理に利用できます。

トレンドにマッチした施策の展開に欠かせない、ライティングスキルについてまとめた下記の資料もご参照ください。

「顧客を動かす」訴求メッセージ

Googleトレンドの機能をマーケティングに活用する

Googleトレンドも、Yahoo!リアルタイム検索同様、マーケティングに活用可能です。ここでは、マーケティングに活用できるGoogleトレンドの機能をご紹介します。

キーワードごとの検索ボリューム推移を調べる

Googleトレンドの「調べる」では、最大5つまでのキーワードを入力し、キーワードごとに検索ボリュームの推移などを調べることができます。また、「対象国」や「対象期間」、「対象カテゴリ」、「対象の検索方法」で、結果の絞り込みができます。

急上昇ワードと検索で振り返る

過去24時間以内を対象に、検索数の上昇が著しいキーワードがわかる「急上昇ワード」も、マーケティングに活用できるGoogleトレンドの機能です。この「急上昇ワード」には、前年に比べ検索数が急上昇したキーワードを調べる「検索で振り返る」機能もあります。マーケティング施策を立案する際に、過去のトレンドを調べたい時などに便利です。

リアルタイム検索をマーケティングに活かそう

リアルタイム検索を使えば、現在どのようなキーワードがトレンドなのかがわかります。トレンドのキーワードを利用したコンテンツ制作の際に活用できる機能もあります。トレンド情報での検索結果は通常のSEOの検索結果とは異なるので、一時的だとしても上位表示される可能性があります。自社と親和性の高いトレンドがあれば、マーケティングに利用してみる価値はあるでしょう。

サービス資料ダウンロード

Sprocketの機能、コンサルタント、導入事例、実績、
プラン体系などをご紹介します。(無料)

資料ダウンロード

導入検討の相談・見積もり

新規導入、乗り換えのご相談、Web接客ツールの比較など
お気軽にお問い合わせください。(無料)

お問い合わせ

03-6420-0036(受付:平日10:00~17:00)