PCとスマホでメッセージを出し分け! デバイスごとにユーザーの心理を分析して会員登録率を改善した事例

マーケティング接客ノウハウ

西 倫英

イメージ:PCとスマホでメッセージを出し分け。デバイスごとにユーザーの心理を分析して会員登録率を改善した事例

同じWebサイトでも、パソコンとスマートフォンでは見ている環境が異なります。ここでは、A/Bテストを重ねてデバイスごとの仮説を検証し、最適な訴求メッセージを見つけた事例をご紹介します。

会員登録のハードルを下げる施策を実施

とあるECサイトでは商品を購入するのに会員登録が必須で、ゲスト購入ができない仕組みでした。会員登録を手間に感じたり、ためらったりして離脱してしまうユーザーをフォローするために、会員登録のメリットやすぐに終わることをポップアップで伝えて会員登録のハードルを下げる施策を行いました。

訴求するメッセージの要素を分解して検証

最初は伝えたいことを盛り込んだメッセージで訴求していましたが、改善にはつながりませんでした。そこで要素を分解し、見出しのみで短く訴求するパターンを複数検証することにしました。

最初に表示したメッセージ(イメージ)

すると、パソコンとスマートフォンで成果に顕著に差が現れました。パソコンでは在庫の確保を案内するパターンが好調だったのに対して、スマートフォンでは同様の成果が得られなかったのです。

パソコンで成果が出たメッセージ(イメージ)

パソコンとスマートフォンの違いは何か?

パソコンとスマートフォンの違いを分析するため、社内ツールを利用して「初回訪問日からコンバージョンもしくは離脱するまでの日数」を調べました。結果を見ると、パソコンのユーザーは比較的短い日数でコンバージョンに至りその後右肩下がりになるのに対し、スマートフォンのユーザーは日数が経過してもほぼ横ばいで、10日を経過しても一定のコンバージョンが発生していました。

初回訪問時からコンバージョンまたは離脱までの日数を比較した

このことから「スマートフォンのユーザーは今すぐ購入するためではなく、ブックマークのような目的でカートを使っている人も多いのでは?」と仮説を立てました。

そこでスマートフォンでは、日を置いて購入することを考慮し「会員登録を事前に済ませるとスムーズにお買い物ができます」というメッセージで訴求するパターンを追加して検証しました。

スマートフォンで成果が出たメッセージ(イメージ)

このパターンが当たり、パソコンとスマートフォンでそれぞれユーザー行動や心理を考慮して別のメッセージを出し分けることで両方の会員登録率を向上することができました。

まとめ

パソコンとスマートフォンでは、Webサイトを見ているユーザーの状況や心理が異なります。同じ声かけをすれば同じ成果になるわけではありません。最適な声かけを考えるには、データをもとに仮説を立てて検証していくサイクルが必要です。

Sprocketでは50,000回のA/Bテストを実施しており、多くのノウハウを蓄積しています。担当のコンサルタントが分析から仮説の立案、施策の実施・検証のサイクルを回すところまでお手伝いすることも可能です。Webサイトに課題をお持ちの方は、ぜひご相談ください。

サービス資料ダウンロード

Sprocketの機能、コンサルタント、導入事例、実績、
プラン体系などをご紹介します。(無料)

資料ダウンロード

導入検討の相談・見積もり

新規導入、乗り換えのご相談、Web接客ツールの比較など
お気軽にお問い合わせください。(無料)

お問い合わせ

03-6303-4123(受付:平日10:00~19:00)