Googleアナリティクス(GA)によるクロスドメイントラッキングの「穴」と対応方法について

マーケティングノウハウ

大野 陽子

Googleアナリティクス(GA)でクロスドメイントラッキングをする場合、ページ遷移の方法によってはクロスドメインの計測がされない場合があります。その時の対処方法について説明します。また、SprocketとGAのデータ連携についてご紹介します。

Googleアナリティクスのクロスドメイントラッキングには「穴」がある

「サービス紹介サイトと申込サイトのドメインが異なる」「商品ページとカートページのドメインが異なる」・・・こういった場合に、Googleアナリティクス(以下、GA)のクロスドメイントラッキングを使ってドメインをまたいだ計測を設定するケースは多いと思います。

ただ、いろいろなサイトを見て回っていると、時々「(ページ遷移の一部で)クロスドメイントラッキングができていないケース」を見かけることがあります。 

イラスト:Google Analyticsという名の落とし穴に男性がはまりそうになっている

その中でもよくあるのが、JavaScriptを使ったページ遷移をしている箇所で適切な対応がされていないケースです。

GA公式のサポートページなどを参照してクロスドメイントラッキングの設定を行った場合、オートリンク プラグインがページ内のリンクを自動的に処理し、URLにリンカー パラメータを付加することでドメインをまたいだ計測が行われます。

ただし、リンカー パラメータが付与されるのは <a> タグと<form>タグで記述されたリンクのみで、JavaScriptの location.href などを使ったページ遷移の場合は付加されません。このため、ドメインをまたいだページ遷移は別々のユーザーによるものとして計測されてしまいます。

これを防ぐためには、JavaScriptでリンカー プラグインからパラメータを取得し、URLに付加する処理を実装する必要があります。具体的な実装方法については、以下のGA公式ドキュメントを参照してみてください。

参考: リンカー パラメータの手動追加

なお、リンカー パラメータが付加されているかどうかは、該当のリンクからドメインをまたいだ遷移をした時のURLで確認できます。(画像下線部がリンカー パラメータ)

キャプチャ画面:URLのga以降がリンカーパラメータにあたることを表示

GAとSprocketの連携機能について

Sprocketでは、シナリオ実施データをイベントとしてGAに送信し、GAでの分析に利用できるデータ連携機能があります。

Sprocket - Google アナリティクス連携(開発者向けドキュメント)

クロスドメイントラッキングを実施しているサイトの場合、Sprocketのポップアップ上にあるボタンから遷移するURLにリンカー パラメータを付与する機能も追加可能です。これにより、Sprocketのシナリオでドメインまたぎの遷移をした場合にもGA上での同一ユーザーとして連続した計測が可能になっています。

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時