お電話でも受付けております
03-5431-5233
資料請求

メニューの開閉

プレスリリース

ロッテオンラインショップにSprocket(スプロケット)導入

2016/05/12 9:00:20

〜ゲーミフィケーションのノウハウを活かしたガイドが好評〜

株式会社Sprocket(本社:東京都世田谷区、代表取締役:深田浩嗣)は、株式会社ロッテ(代表取締役社長 佃 孝之、本社:東京都新宿区、以下ロッテ)が運営するロッテオンラインショップにウェブ接客ツールSprocket(スプロケット)が採用され、2016年3月10日よりサービスを公開したことを発表します。
ロッテオンラインショップ(http://lotte-shop.jp/shop/)では、会員登録途中での離脱とカートに商品を入れた後の離脱が課題でした。Sprocketではそれぞれの課題に対してSprocketガイドを用意しコンバージョン改善を目指します。

■コアラのマーチを使って会員登録のステップを楽しく表示

ロッテオンラインショップでは、氏名や住所などの個人情報を登録後に、商品を購入する仕組みになっています。会員登録の時間も楽しみながら、行っていただけるよう、会員登録の進捗に合わせて、ロッテの主力商品である「コアラのマーチ」に登場するいくつかのコアラのキャラクターを表示し、ユーザの興味・関心を高めています。ステップごとに異なるコアラのキャラクターが表示されるため、次のコアラのキャラクターが見たくなるような仕組みにしています。このアイデアはゲーミフィケーションに基づくユーザ心理を刺激するノウハウの1つです。

[gallery size="medium" link="none" columns="2" ids="4250,4251"]
異なるコアラが順番に表示される(PC/スマートフォン)

■カートに商品を入れたあとの導線を案内

ユーザが商品をカートに追加したあと、カート精算へうまく誘導できるように、商品をカートに入れたユーザに対し、カートに誘導するメッセージを画面下からのポップアップ形式で表示しています。スムーズにカートへの誘導ができるので、カート離脱を減少させコンバージョン向上が期待できます。

■Sprocket(スプロケット)導入事例:4連続リリース

第1弾:ロッテオンラインショップ

■株式会社Sprocket について

Sprocketは株式会社ゆめみの新規事業を2014年4月に分社独立して誕生しました。マーケティングの領域において、離脱防止を自動化するプラットフォームを提供することで、デジタル時代ならではの企業と消費者の結びつき(エンゲージメント)を創造していく会社です。主な導入実績として、企業ブランドサイト/コミュニティサイト/ECサイトなどがあり、再訪率、投稿率、購入金額といったターゲットKPIを150~400%向上させた実績があります。

■ウェブ接客で離脱防止「Sprocket(スプロケット)」

ウェブ接客ツールSprocket(スプロケット)は、カスタマージャーニーに合わせてユーザがアクションしやすい流れを「ツアー」として設定、最適なタイミングでSprocketガイドを表示して、離脱防止をはかり、期待するアクションに誘導できます。
ユーザの心理を刺激することで「ついもうちょっと使う」状態を生み出すことで、離脱を防止しコンバージョンを劇的にアップします。

Sprocket(スプロケット)詳細はこちら https://www.sprocket.bz/

■本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket 担当:木下
【TEL】 03-5431-5233 【E-mail】 info@sprocket.bz
【住所】 〒154-0004東京都世田谷区太子堂2-12-2 T-one世田谷ビル 3F
【公式サイト】 https://www.sprocket.bz/

Topics: 導入事例- all- ゲーミフィケーション- スプロケット- プレスリリース- Sprocket