トライグループ、Sprocketを活用してテレビCMの広告効果最大化を実現

リリース

多様なニーズに応えるCVR改善施策で資料請求までの導線を作成

CX改善プラットフォームを提供する株式会社Sprocket(本社:東京都品川区、代表取締役:深田 浩嗣)は、株式会社トライグループ(以下、トライグループ)のWebサイトにおいて、Sprocketを活用することでコンバージョン率および広告パフォーマンス改善につながった事例を発表いたします。

Sprocketの導入背景

トライグループは、テレビCMや広告で大きな認知を獲得しています。そうした経路から流入するユーザーに対して、WebサイトのCVR改善は非常に重要な施策として位置づけられています。Sprocketのプラットフォームとしての自由度の高さと、コンサルタントが豊富な知見をもとにCVR改善を伴走する支援体制が整っていることから、2020年7月にSprocketを導入しました。

実施した施策のご紹介

トライグループでは、テレビCMに加えて一般的な広告や検索領域の施策にも取り組んでいます。しかし30秒のCMや広告の文章では、サービスの詳細まで説明するのは困難です。Sprocketは、キャンペーンページや資料請求ページなどさまざまなページで、その目的を達成するための施策を実施しています。

1. テレビ番組の紹介を見たユーザーの誘導

テレビ番組でサービスが取り上げられると、多くの流入があります。しかし、検索の状況次第では必ずしも見せたいページにランディングするとは限りません。そこでSprocketを活用して案内することで、スムーズに資料請求まで進める導線を作りました。

2. 資料請求ページの自動定型文で入力をサポート

資料請求のページでは、お問い合わせ内容を入力するエリアで「定型文が入力できます」というご案内を表示して、気になる項目を選ぶと文章が自動入力されるシナリオを実施しています。「こんなこともお悩みではないですか?」と声かけすることで、ユーザー自身の潜在的な悩みに気付きやすくなるようサポートし、資料請求までのハードルを下げています。

3. 近隣の教室探しをサポートして地域の検索ニーズに対応

Sprocketコンサルタントが導線を分析したところ、地域名で検索したお客様のうち、近隣の教室のページ間を行き来していることがわかりました。そこで「どちらの教室にも通えるユーザーが、各校の特徴を調べている」という仮説のもと、Sprocketで「付近の教室を探す」というポップアップを表示した結果、資料請求完了率が非表示と比較して146.2%に改善しました。

ここでご紹介しているのは、トライグループが取り組んでいる施策の一部です。より詳しい事例はSprocketのWebサイトでご紹介しています。

トライグループの詳しい取り組み事例紹介はこちら

トライグループご担当者コメント

Sprocketは、適切な解決策を提示していただける伴走者として頼りになるだけでなく、社内の担当者自身も操作しやすいツールです。当社では社内で立てた仮説をクイックに検証する際は内製で実施しています。一方でGAなどのデータを基に、複雑なページ遷移を促すようなシナリオや、実装にツールへの深い理解が必要なシナリオはコンサルタントの方にお願いしています。施策実装をすみ分けることで、短期でQuickWinを狙う施策も中長期的に大きなインパクトを狙う施策も実装ができており、大変助かっています。

施策によっては170%改善なども確認できており、とてもインパクトのある結果だと思っています。特に繁忙期はサイトへの流入が増えますので、0.1%のCVR改善でも大きな価値があります。

株式会社トライグループについて

トライグループは「人は、人が教える。人は、人が育てる。」を企業理念とし、人×デジタルの融合で、日本の教育のカタチを変えることをミッションに掲げています。これまで教育業界のリーディングカンパニーとして「人」の教育にこだわり続けてきたトライは、全国33万人の教師リソースを活用して、家庭教師事業・個別教室事業だけでなく、通信制高校サポート校事業・大人向け教育事業・幼児向け英会話フィットネス事業、さらには全国の行政・自治体との連携事業まで拡大しています。

そして、トライグループが築き上げてきた「人」のネットワークと120万人の指導実績・ノウハウを活用た、AIやオンラインを駆使した新たな教育サービスを展開し、総合教育企業No.1を目指します。

会社名   :株式会社トライグループ
本社所在地 :〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-10-3
URL    :https://www.trygroup.co.jp/

CX改善プラットフォーム「Sprocket」について

Sprocketは、Webサイト・アプリの課題発見から施策実施、改善まで一連のPDCAサイクルを回すことでOne to Oneコミュニケーションを実現するCX改善プラットフォームです。
Sprocketでは、顧客がWebサイトで取った行動を「行動データ」としてリアルタイムに収集しています。行動データを分析・活用することで顧客心理を解明し、顧客にとって理想的な体験を提供することが可能です。

https://www.sprocket.bz/

株式会社Sprocketについて

株式会社Sprocketは、「テクノロジーで、人と企業が高め合う関係を作る」をミッションに、Webサイトやアプリにおける成果創出コミットメントサービスを提供しています。

名称 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
設立 2014年4月
所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-4 K.U.ビル6階
事業内容 CX改善プラットフォーム「Sprocket」の開発・運用とコンサルティングによる成果創出コミットメントサービスの提供
代表者 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)

本件に関するお問い合わせ

株式会社Sprocket マーケティングチーム
Tel:03-6420-0036 Email: info@sprocket.bz

サービス資料ダウンロード

Sprocketの機能、コンサルタント、導入事例、実績、
プラン体系などをご紹介します。(無料)

資料ダウンロード

導入検討の相談・見積もり

新規導入、乗り換えのご相談、Web接客ツールの比較など
お気軽にお問い合わせください。(無料)

お問い合わせ

03-6420-0036(受付:平日10:00~17:00)