Sprocket、あらゆる顧客データを取り込める「データ連携(バッチ取り込み)」機能を提供開始

オンライン・オフラインのチャネルを問わずあらゆるデータを連携可能に

株式会社Sprocket(本社:東京都目黒区、代表取締役:深田 浩嗣)は、オンライン・オフラインのチャネルを問わずあらゆる顧客データを取り込める「データ連携(バッチ取り込み)」機能を2021年7月27日に提供開始いたしました。

「データ連携(バッチ取り込み)」は、CSV形式のデータをバッチ処理によってSprocketへ取り込むことができる機能です。本機能を利用することで、顧客データだけでなく、実店舗や紙のカタログを経由した購買情報のようなオフラインデータといったあらゆるデータをシナリオのセグメントに活用することが可能になります。

図:[データ連携(バッチ取り込み)」イメージ図

すべての顧客データをWebサイトの接客に活用可能

従来Sprocketに連携するデータは、ECサイトの会員情報として登録されている情報か、Webサイト上に出力されているデータである必要がありました。「データ連携(バッチ取り込み)」により、CSV形式で書き出せるデータであれば、オンライン・オフラインのチャネルを問わずあらゆる顧客データをシナリオに活用することが可能になります。

例えば、特定店舗の利用実績があるユーザーに対してその店舗の新着ニュースをWebサイトで表示したり、クーポン贈呈のメールを見ていないユーザーに対して「現在クーポンを持っている」とWebサイトで案内したりと、チャネルを横断した1to1コミュニケーションが実現可能です。

データ連携(バッチ取り込み)機能について、詳しくは当社の担当コンサルタントにお問い合わせください。

Sprocketは、ユーザーの行動からコンバージョンを最適化することで、クライアントのビジネス成果向上とエンドユーザーへの良質な体験提供を通じて、長期にわたる関係性構築を支援しております。当社は、今後も企業とエンドユーザーの理想的なエンゲージメント形成に努めてまいります。

株式会社Sprocket 概要

CRO(Conversion Rate Optimization)プラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用、および導入サイトに最適な企画・施策を実施するコンサルティングを提供。デジタル時代の企業とエンドユーザーとの結びつきを創造します。導入企業250社以上、平均CV改善率148.66%、平均ROI 1,565%、年間30,000回以上のA/Bテスト数の実績があります。

名称 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
設立 2014年4月
所在地 〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
事業内容 CROプラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用およびコンサルティング
代表者 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket マーケティングチーム
Tel:03-6303-4123 Email: info@sprocket.bz

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時