Sprocket、新機能「コンテンツパーソナライゼーション」を提供開始

追加ツール不要でコンテンツをユーザーごとに出し分け可能

株式会社Sprocket(本社:東京都目黒区、代表取締役:深田 浩嗣)は、CROプラットフォーム「Sprocket」の新機能「コンテンツパーソナライゼーション」を2021年03月16日に提供開始いたしました。

コンテンツパーソナライゼーションは、ユーザーの行動や属性に合わせて、バナーやテキストなどのサイト内コンテンツを自動で出し分ける機能です。コンテンツパーソナライゼーションは、Sprocketの充実したセグメント機能を活用することで、追加のツールを導入することなく、安価かつ簡単にきめ細やかなコンテンツの出し分けを実現します。

コンテンツパーソナライゼーションの主な特徴

従来、コンテンツの出し分けを行うには「ユーザーの属性やサイト内行動を取得する」「条件に従ってコンテンツを出し分ける」という機能を持った専用のツールの導入が必要でした。Sprocketが持つセグメント機能を活用することで、「過去にメンズカテゴリーの商品を3ページ以上閲覧したユーザーには、トップページでメンズカテゴリーの商品のバナーを出す」といったコンテンツの出し分けを簡単に行えるようになります。

コンテンツを出し分けるだけでなく、実際に何回表示されてコンバージョン率にどう影響したかの効果検証も、Sprocketの管理画面から行うことが可能です。

コンテンツパーソナライゼーションの活用例

コンテンツパーソナライゼーションの導入実績

株式会社千趣会様が運営するベルメゾンネットにて、本機能を導入いただきました。訪問ユーザーごとに、トップページのカルーセルバナーや下層のコンテンツの出し分けを実現しています。

画像:ベルメゾンネットサイトの画像

コンテンツパーソナライゼーションは、Sprocketをご利用のお客様であれば、すぐにご利用を開始していただけます。利用開始時に初回の設定を行った後、どのようなセグメントのユーザーにどのようなコンテンツを表示するかは、Sprocketの管理画面からお客様が自由に変更可能です。

コンテンツパーソナライゼーションは、月額の固定料金でご利用いただけます。詳しくは当社の担当コンサルタントにお問い合わせください。

Sprocketは、ユーザーの行動からコンバージョンを最適化することで、クライアントのビジネス成果向上とエンドユーザーへの良質な体験提供を通じて、長期にわたる関係性構築を支援しております。当社は、今後も企業とエンドユーザーの理想的なエンゲージメント形成に努めてまいります。

株式会社Sprocket 概要

CRO(Conversion Rate Optimization)プラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用、および導入サイトに最適な企画・施策を実施するコンサルティングを提供。デジタル時代の企業とエンドユーザーとの結びつきを創造します。導入企業250社以上、平均CV改善率148.66%、平均ROI 1,565%、年間30,000回以上のA/Bテスト数の実績があります。

名称 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
設立 2014年4月
所在地 〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
事業内容 CROプラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用およびコンサルティング
代表者 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket マーケティングチーム
Tel:03-6303-4123 Email: info@sprocket.bz

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時