ニュースリリース

南都銀行が「Sprocket」を導入

2020年04月14日(火)

お客様の利便性を高めてコンバージョン向上を狙うために、Web接客を採用

 

株式会社Sprocket(本社:東京都目黒区、代表取締役:深田 浩嗣、以下 当社)の提供する、おもてなしデザインプラットフォーム『Sprocket』(スプロケット、以下 Sprocket)が、株式会社南都銀行(本社:奈良県奈良市、代表取締役頭取 橋本 隆史、以下 南都銀行)が運営するカードローンのページへ試験的に導入されました。

 

       Sprocket_NantoBank_Logo-1

 

南都銀行では、お客様の多様なニーズに対応するため、ネット商品の充実やネット販売の強化を進めています。ウェブサイト内での利便性の向上、コンバージョン向上が課題となっている中で、他の金融機関にも導入実績のあるSprocketを採用されました。

第一弾の施策として、「かりる」カテゴリ内の「カードローン」ページにおけるお客様のニーズに合ったローンの種類への誘導、お客様が抱える疑問の解決につながるコンテンツを紹介することにより、コンバージョンの後押しとなるWeb接客の実装を実施いたします。

今後もさらなるお客様の利便性向上を目指して、他の商品カテゴリへのWeb接客施策を進め、効果検証を重ねる予定です。

 

南都銀行_画面キャプチャ_まとめ_0403 - キャプション付2ー

 

■ おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」について

おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」は、ユーザーのオンライン行動データ(ページ閲覧、スクロール、クリックなど)を活用し、カスタマージャーニーに合わせて最適なタイミングでWebサイト上に接客ポップアップを表示することで、理想的な顧客体験を実現します。ユーザーの態度変容を促し、購入や申し込み、資料請求などのコンバージョン率の向上や、離脱率の低下といったKPIの改善をはかることが可能です。高速でPDCAを回すため、ヒートマップなどの様々な分析機能のほか、一定期間の行動データを学習データとするAI(人工知能)「AutoScoring」や自動セグメンテーション最適化機能「AutoSegment」、カートAIなど、最先端の機能を搭載しています。シナリオはコンサルタントが作成し、配信するユーザセグメントはAIが分類するため、担当者は重要な意思決定に集中することができます。ECサイトだけでなく、銀行、証券、保険などの金融機関をはじめ、多くの企業のWebサイトで採用されています。
詳しくは、https://www.sprocket.bz/をご参照ください。

 

■ 株式会社Sprocket 概要

マーケティング領域において、Web接客手法を使ったコンバージョン最適化を実現するプラットフォームを提供することで、デジタル時代ならではの企業とエンドユーザーの結びつき(エンゲージメント)を創造していく会社です。豊富なコンサルティング経験を持ち、企業ブランドサイト、コミュニティサイト、ECサイトなどで入会率や購入率などのCVR(コンバージョン率)を120%以上向上させた実績が多数あります。
名 称 : 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
設 立 : 2014年4月
所在地 : 〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
事業内容 : おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用
代表者 : 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)

 


本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket マーケティング&コミュニケーション
Tel:03-6303-4123 Email: info@sprocket.bz

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください

03-6303-4123
平日10:00–19:00

「成果につながる顧客体験」へのヒントがここにあります