カート離脱防止に特化したパッケージ「Sprocket for カート離脱」をリリース ~ カート離脱がおきる58秒間対応の最適シナリオを即座に適用 ~

株式会社Sprocket(本社:東京都世田谷区、代表取締役:深田 浩嗣)は、統合Web接客プラットフォームSprocketに、カート離脱防止に特化したパッケージ「Sprocket for カート離脱」をリリースします。当パッケージは、ユーザーがカートページに投入後、実際にフォーム入力するまでの平均滞在時間58秒間※に、カート内における様々な不安や迷いを払拭するWeb接客をすることで離脱の改善を実現します。

約7割のカート離脱をいかに防ぐかはカート投入からフォーム入力画面までの58秒間が勝負

ECサイトで商品をショッピングカートに入れた後、購入せずにサイトを離脱するしてしまう「カート離脱」は、外部調査や当社調べにおいても、約7割※1起きています。離脱理由としては、送料・手数料、支払い方法、配送など、商品そのものよりも手続きや金額に関する不安や迷いが多く挙げられています。多くのEC事業者が、カートに入れたサイト訪問者の離脱をいかに防ぐかが大きな課題となっています。

※1.参照元:https://baymard.com/lists/cart-abandonment-rate (June.20,2018)

しかし、カート離脱を解消するための解決策として代表的な「EFO」(エントリーフォームオプティマイゼーション)や「かご落ちメール」において、カート離脱理由に上がっている不安や迷いをリアルタイムに直接解消することはできません。

■カート投入後、フォームページ入力画面以前に約7割が離脱。今までのEFOや、かご落ちメールでは対処できません。

図:カート離脱が起こるポイントを図解

その解決策として、多くのお客様にご活用いただいているのがSprocketです。ユーザーがカートページに投入後、実際にフォーム入力するまでの平均時間58秒間※2に、様々な不安や迷いを払しょくするためのポップアップによるWeb接客をすることで、離脱の改善を実現します。

※2.当社調べ

図:カート投入後の58秒の間に不安払しょくするポップアップを表示する

「Sprocket for カート離脱」で、カート離脱対策をすぐに実現

「Sprocket for カート離脱」は、Sprocketが様々な業種、商材で検証を行い培ったノウハウが詰まった最適シナリオを即時に適用できるパッケージです。また、適用後も、Sprocketが搭載しているカートAIや経験豊富なプロデューサーにより各EC事業社にあったチューニングを行い、離脱の改善を支援します。

株式会社Sprocket 概要

CRO(Conversion Rate Optimization)プラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用、および導入サイトに最適な企画・施策を実施するコンサルティングを提供。デジタル時代の企業とエンドユーザーとの結びつきを創造します。導入企業250社以上、平均CV改善率148.66%、平均ROI 1,565%、年間30,000回以上のA/Bテスト数の実績があります。

名称 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
設立 2014年4月
所在地 〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
事業内容 CROプラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用およびコンサルティング
代表者 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket マーケティングチーム
Tel:03-6303-4123 Email: info@sprocket.bz

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時