Web接客の仕組みを用いた体験型エイプリルフールを実施、オンラインならではの「おもてなし」を演出

株式会社Sprocket(代表取締役:深田浩嗣)は、日本ピザハット株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、代表取締役:中村昭一)が運営するピザハットオンラインの演出として、Web接客ツールSprocket(スプロケット)を用いた、体験型エイプリルフール企画を4月1日に実施いたしました。

本取り組みでは通常のWeb接客での取り組みとは異なり、エイプリルフールとしてエンターテイメント性を高めつつ、サイト内回遊とともにブランドロイヤリティを高めるためのカスタマイズ(クーポン獲得ゲーム)を施しました。

エンドユーザはクーポン獲得ゲームに参加することで、エイプリルフールの企画コンテンツの閲覧だけで終わるのではなくサイト内を回遊することになり普段はあまり見ないページを閲覧することになります。

サイト内の回遊やブランドロイヤルティを高める体験を提供することで、新規会員登録や注文の増加、中長期的にはブランド愛好者増加が期待できます。

また、本取り組みは既存ウェブサイトに特別な手を加えることなく、Web接客だけのコストで体験型エイプリルフールをエンドユーザに提供することが可能です。

エイプリルフール取り組み概要

ピザハットオンライン」上で実施する企画について、日本ピザハット株式会社、株式会社日本経済広告社、株式会社Sprocketの3社にて企画、実施いたしました。

今回の取り組みである「ピザハト」では、「宅配ピザの配達員としてハトを大量採用、ハトによるお届けを開始する」ということを特集ページにてご案内し、エンドユーザがピザハトでの注文を行おうとしたタイミングで「ピザハト」がウソであることを明かしつつ、サイト内に逃げ出したハトを探しだすとクーポンが獲得できるゲームへ誘導するという流れになっています。

サイト内で表示されるポップアップやサイト内に逃げ出したハトを探すゲーミフィケーションの仕組み、一定の確率で配布されるおみくじクーポンの仕組みにSprocket の機能を利用しました。

   

日本ピザハット株式会社との取り組みについて

「ピザハットオンライン」では、Sprocketの基本機能である通常のWeb接客はもちろんのこと、接客シナリオをAIにより最適化する機能(Autosegment)も導入し、デジタルマーケティングの分野において積極的な挑戦を共同で取り組んでまいりました。

ここ数年、企業によるオンライン上でのエイプリルフールの盛り上がりが加熱する傾向があり、エンドユーザの期待に応える活動こそが企業と消費者の結びつき(エンゲージメント)を強化する絶好の機会と捉えました。

今回はエンドユーザに「見て楽しんでもらうこと」に留まらず、Web接客の機能を存分に活かした「体験型エンターテイメント」を通した“ユーザ体験(UX)”を豊かにすることを目指し、実施に至りました。

株式会社Sprocket 概要

デジタルマーケティング領域で「ユーザーの行動からコンバージョンを最適化する」Web接客手法を使ったサービスを提供しています。デジタル時代ならではの企業とエンドユーザーの結びつき(エンゲージメント)を創造していく会社です。

名 称 : 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
設 立 : 2014年4月
所在地 : 〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
事業内容 : おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用
代表者 : 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket マーケティングチーム
Tel:03-6303-4123 Email: info@sprocket.bz

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時