Sprocket、ウェブ接客を自動的に最適化するAI機能をリリース

〜ピザハットオンラインで導入〜

株式会社Sprocket(代表取締役:深田浩嗣)は、ウェブ接客ツールSprocket(スプロケット)において、接客シナリオをAIにより最適化する新機能「Autosegment」をリリースしたことを5月16日に発表しました。

AI機能「Autosegment」は、Webサイトを訪問したユーザの行動を観察し、Sprocketに事前登録された接客シナリオのうち、最も効果があると計算できるものを適用します。これにより、コンバージョン向上が期待できます。さらにAI機能「Autosegment」は、実施したユーザの行動と接客シナリオ、接客の結果を自ら学習し、ブラッシュアップしていくため、データが蓄積されるほど接客の精度が向上します。

Sprocketを導入している企業は、当座、追加費用なしで導入でき、全てのシナリオに適用が可能です。

AI機能「Autosegment」による活用例

例えばECサイトでは、ユーザの状況に応じて以下のようなシナリオの出し分けが可能です。

  1. 購入時の不安を解消:
    カートに商品を投入した後、購入に不安を感じていると判断されるユーザには、購入後の返品やサポートを説明するシナリオを実施し不安を解消します。
  2. 購入を一押し:
    商品が欲しいけれど購入をためらっていると判断されるユーザには、購入者のレビューなど、購入を決断できる説得材料を提示するシナリオを実施します。
  3. 他の商品をおすすめ:
    カートに商品を投入した後、まだ他の商品を見たいと判断されるユーザには、他の商品を案内するシナリオを実施します。

従来は、あらかじめ登録されたルールに基づいてユーザセグメントによる接客シナリオの出し分けを行っていましたが、AI機能「Autosegment」は機械学習により最適でよりきめ細やかな接客を可能にします。

ピザハットにて試験を実施中

AI機能「Autosegment」は、すでに日本ピザハット株式会社の「ピザハットオンライン」(https://pizzahut.jp/)に導入されており、効果を検証中です。

日本ピザハット株式会社 マーケティング部 課長補佐 渡辺圭祐氏からのコメント:

“Sprocket社への期待からAI機能「Autosegment」のパイロット導入を決めました。ピザハットでは、近年Web経由の注文が急増しており、Webサイトでも電話対応と同様に柔軟にお客様に合わせた接客ができる仕組みが必要です。パイロット導入でデータを蓄積し、接客の精度を上げ、利便性の向上を図りたいです。今後、WebマーケティングでのAI活用が進むと考えられ、いち早く導入することで、新しい世界を一足先に体験できそうです。“

今後の機能拡張

Sprocketでは、AI機能「Autosegment」の開発に注力し、以下のような機能を実現していく予定です。

株式会社Sprocket 概要

CRO(Conversion Rate Optimization)プラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用、および導入サイトに最適な企画・施策を実施するコンサルティングを提供。デジタル時代の企業とエンドユーザーとの結びつきを創造します。導入企業250社以上、平均CV改善率148.66%、平均ROI 1,565%、年間30,000回以上のA/Bテスト数の実績があります。

名称 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
設立 2014年4月
所在地 〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
事業内容 CROプラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用およびコンサルティング
代表者 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket マーケティングチーム
Tel:03-6303-4123 Email: info@sprocket.bz

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時