Sprocket、LTVの可視化機能など分析機能を大幅バージョンアップ

〜顧客の育成状況、ABテスト結果もひと目でわかる〜

株式会社Sprocket(代表取締役:深田浩嗣、以下Sprocket)は、「離脱防止ツールSprocket」の分析機能を大幅にバージョンアップし、顧客育成状況分析、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)分析、ABテスト結果分析の機能を追加したことを発表します。

この分析機能は、「離脱防止ツールSprocket」だけでなく上位モデルの「Sprocket Advance」でも提供し、Sprocketの導入企業は追加費用無しでご利用いただけます。Sprocketは今後も、本格的なエンタープライズ向けのオンサイトコミュニケーション(Web接客)ツールとして進化させるべく、分析機能の強化に注力していきます。

今回のバージョンアップで追加された分析機能

①顧客育成状況

収集した行動データを使って育成段階を定義し、顧客育成状況を可視化します。育成段階ごとに、どのくらいのユーザがいるのかがわかり、長期的な視点から育成状況の推移を評価することができます。

画像:Sprocket管理画面。顧客育成状態を図解
育成段階ごとにどれくらいのユーザがいるのかがわかる

②LTV分析

行動データを使って顧客ごとのLTVを計測できるようになり、LTVの分布をヒストグラムでグラフィカルに表示できます。時系列でLTVの推移を表示したり、LTVの目標値を設定してその達成者の推移を表示することもできます。

③ABテスト結果分析

「離脱防止ツールSprocket」では、Sprocketガイドの表示による一連の流れをツアーと呼び、ツアーのABテストが可能です。ABテストを実施した場合は、テストパターンごとの結果比較がひと目でわかるように表示します。

ローデータ分析サービス

導入顧客には、Sprocketに蓄積されているローデータを使った個別の分析サービスを提供することも可能です。行動シーケンス分析や初回購入月別のコーホート分析、お手持ちの購買データと掛けあわせた分析など様々な角度からの分析が可能です。ローデータ分析については、Sprocketの戦略的アドバイザーでありデータマーケターの内野明彦氏の監修のもと、サービスを提供しています。

株式会社Sprocket 概要

CRO(Conversion Rate Optimization)プラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用、および導入サイトに最適な企画・施策を実施するコンサルティングを提供。デジタル時代の企業とエンドユーザーとの結びつきを創造します。導入企業250社以上、平均CV改善率148.66%、平均ROI 1,565%、年間25,000回以上のA/Bテスト数の実績があります。

名称 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
設立 2014年4月
所在地 〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
事業内容 CROプラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用およびコンサルティング
代表者 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket マーケティングチーム
Tel:03-6303-4123 Email: info@sprocket.bz

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時