ベストインクラスプロデューサーズとSprocket、 オムニチャネルに対応した データドリブン型コミュニケーション開発事業で協業

〜シナリオ設計から実行領域までをワンストップにカバー〜

株式会社Sprocket(代表取締役:深田浩嗣、以下Sprocket)と株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:菅 恭一、以下BICP)は、オムニチャネルにおけるコミュニケーションシナリオ設計、実装、データ収集・解析及びその結果に基づく改善運用までをトータルに実行することを目的に、両社のリソースを活用した協業体制を整えたことを発表します。

BICPの強みであるチャネルを横断した統合的なコミュニケーションシナリオの設計と、Webやアプリを横断してデータを収集しリアルタイムで適切なコミュニケーションを実装できる「Sprocket」を顧客体験加速エンジンとして採用・組み合わせることで、マス・デジタル・リアルを含めたオムニチャネル型のマーケティングソリューションを提供することが出来るようになりました。

協業に至った背景

BICPは統合的なマーケティング・コミュニケーションを実現するために、カスタマージャーニー、コミュニケーションシナリオ、KPI、施策の設計を一連のワークフローとして提供していますが、オムニチャネルに対応したシナリオの実行において、チャネルを跨いだ顧客行動に対応するデータ収集、リアルタイムな打ち手に繋げるためのエンタープライズ向けプラットフォームがないことを課題としていました。

一方、Sprocketはエンタープライズ向けにリアルタイムにコミュニケーションが取れるツール「Sprocket」を提供する上で、導入前のKPI設計やカスタマージャーニー設計、コミュニケーションシナリオ設計の重要性を感じており、統合的に適切なシナリオ・施策設計ができるパートナーの必要性を強く感じていました。

両社協議の上、Sprocketが持つプラットフォームとしての拡張性はBICPの課題解消に役に立ち、BICPのコミュニケーションシナリオ設計力はSprocketの課題解消に役に立つということが相互に合意することが出来ました。

両社の協業によりそれぞれの課題を解決するのと同時に、企業のオムニチャネル戦略に対応した、データドリブン型コミュニケーションシナリオの開発・設計・実行を一気通貫で対応することができるようになります。


ワークフローと各社の役割

株式会社ベストインクラスプロデューサーズについて

BICPはデジタル時代の企業マーケターに寄り添うマーケティング・プロデューサー集団として2015年4月に創業しました。断片化する顧客接点、複雑化が進み個別最適に陥りがちなマーケティング手法を顧客軸・事業軸でニュートラルに整理し、成果に繋がる連続性のあるコミュニケーションシナリオの設計と実行支援をおこなっています。化粧品、飲料、教育、ソフトウェア、不動産、流通、メディアなど国内外多業種におけるインハウス・マーケティングの支援業務をおこなっています。

株式会社Sprocket 概要

デジタルマーケティング領域で「ユーザーの行動からコンバージョンを最適化する」Web接客手法を使ったサービスを提供しています。デジタル時代ならではの企業とエンドユーザーの結びつき(エンゲージメント)を創造していく会社です。

名 称 : 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
設 立 : 2014年4月
所在地 : 〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
事業内容 : おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用
代表者 : 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket マーケティングチーム
Tel:03-6303-4123 Email: info@sprocket.bz

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時