デジタル接客プラットフォームSprocket、ゲーミフィケーション関連機能を「Sprocket Advance」として別プロダクト化、第一弾としてガイアックス社開発のロイヤルカスタマー育成型コミュニティプラットフォーム「COMLABO」にOEM提供を開始

株式会社Sprocket(代表取締役:深田浩嗣、以下Sprocket)は、市場ニーズの変化を受け、従来から有するゲーミフィケーションノウハウ・機能を「Sprocket Advance」としてSprocketプラットフォームのプロダクトラインから分離させることとしました。Sprocket AdvanceはSprocketプラットフォームの持つ柔軟な行動データ収集機能やフィードバック自動化機能をフルカスタマイズで使うことができるプロダクトと位置付けています。

Sprocket Advanceの提供開始にあたり、株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、以下ガイアックス)とコミュニティプラットフォームにおける業務提携に合意、デジタル接客オートメーションシステムを搭載したロイヤルカスタマー育成型コミュニティプラットフォーム「COMLABO(コミュラボ)」に搭載することと致しました。

今後、ガイアックスのコミュニティ事業におけるシステム開発や運営サポート、24時間365日のモニタリング体制と、Sprocketのデジタル接客オートメーションシステム及びロイヤルカスタマー育成における豊富なノウハウを強みとし、包括的なサービス提供を行っていきます。

図:ガイアックスコミュニティのPDCA図

Webコミュニティを活用したロイヤルカスタマー育成ニーズが高まる

近年、自社でコミュニティ(オウンドメディア)を運営することで、企業や商品、サービスに対してロイヤリティが高い顧客、「ロイヤルカスタマー」を育成したいというニーズが高まっています。同時に、企業は顧客との接点を拡大することで、顧客の本音(インサイト)を収集し、商品やサービスの開発・改善に役立てたいといったニーズもあるものの、そのようなニーズで構築されたオウンドメディアの中には、リピートユーザーや投稿数が増えず、成果を得られないサイトが少なくありません。

これらの問題を解決するために、ガイアックス社開発のロイヤルカスタマー育成型のコミュニティプラットフォーム「COMLABO」にあらかじめSprocket Advanceを搭載し、ロイヤルカスタマー育成機能を大幅に強化しました。

Sprocket Advanceを搭載することによるメリット

コミュニティプラットフォームにSprocket Advanceを導入するためには、タグの導入や会員連携などのシステム開発が必要となりますが、本連携によりそうした開発は一切不要となり、導入当初からのスムーズな提供が可能です。

また一般的なコミュニティにおけるロイヤルカスタマー育成シナリオとそれを踏まえたゲーミフィケーションギアが予め用意されているため、これまでのコミュニティ開始後に必要となっていた人力での運用コストを下げることができます。

「COMLABO」の特徴

コミュニティプラットフォーム「COMLABO」の画面イメージ
画像:コミュニティプラットフォーム「COMLABO」の画面イメージ

育成ステップごとに最適なゲーミフィケーションギアを選定可能

新規ユーザーに対して案内表示を行うビギナー向けのナビゲーション機能や、リピーター育成を促進するデイリーガチャ、コミュニティへの参加意欲や目標達成意欲を高めるポイント&ランクシステムなど、ユーザーの育成ステップに合わせて様々なゲーミフィケーションギアを選択できます。

ユーザーの育成状況や行動を可視化する分析機能

ユーザーごとの行動ログを保持し、それをもとにセグメントを定義し、セグメントごとの育成推移や行動特性分析ができます。用意したキャンペーンやコンテンツが、実際どういったユーザーに響いているかを確認できたり、行動傾向からロイヤリティ向上の方策を見つけたりすることが可能です。

「Sprocket Advance」の今後の展開

Sprocketでは、従来から有するゲーミフィケーションノウハウや関連機能を提供するプラットフォームを「Sprocket Advance」と位置付け、主にOEM提供モデルでの展開を今後も実施していきます。今回のようなプロダクト同士の連携だけでなく、Sprocket Advanceを活用する制作・開発パートナーも拡大していく予定です。同時にパートナーに対してのノウハウ提供や人材育成支援も実施していきます。

「Sprocket Advance」を提供するに至った背景

Sprocketでは、代表の深田が2010年より着目していたゲーミフィケーション分野における知見が豊富に蓄積されており、関連するお問い合わせを多数頂いています。しかしながら、適切なゲーミフィケーションの導入のためには育成シナリオ設計から始まりどのようなゲーミフィケーションギアを提供すれば導入企業様にとって最適になるのかを個別にカスタマイズしていく必要があります。そのためSprocket1社では提供できるリソースに限界があり、お断りをせざるを得ない状況も発生しておりました。

そのため、SaaS型プラットフォームとして完結する機能に特化したプロダクト(今後はこちらをSprocketのメインプロダクトと位置付けます)と、上記のような個別カスタマイズに対応可能なSprocket Advanceを別プロダクトとして分離、多様な市場ニーズに対応できる形態へと進化させることとしました。Sprocketメインプロダクトについては近日中のリリースを予定しています。

株式会社ガイアックス 概要

設立:1999年3月5日
代表執行役社長:上田 祐司
本社所在地:東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル8F
事業内容:ソーシャルメディア・シェアリングサービス事業、インキュベーション事業
URL:http://www.gaiax.co.jp/

株式会社Sprocket 概要

CRO(Conversion Rate Optimization)プラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用、および導入サイトに最適な企画・施策を実施するコンサルティングを提供。デジタル時代の企業とエンドユーザーとの結びつきを創造します。導入企業250社以上、平均CV改善率148.66%、平均ROI 1,565%、年間25,000回以上のA/Bテスト数の実績があります。

名称 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
設立 2014年4月
所在地 〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
事業内容 CROプラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用およびコンサルティング
代表者 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket マーケティングチーム
Tel:03-6303-4123 Email: info@sprocket.bz

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時