Tealium共催セミナー|CDPとの連携で実現させる最適な顧客体験 顧客の同意に基づいた、透明性の高いデータ利活用とは?

本イベントは、終了いたしました。
たくさんのご参加ありがとうございました!

こんな方におすすめ

・デジタルマーケティング、webご担当者
・CDPを用いて実現するデータ利活用が知りたい
・CDPとWeb接客の連携事例が知りたい

開催概要

開催日時 ~ 14:00
開催場所 Zoom
定員数 なし
参加料金 無料
参加方法 お申込者にはメールにてオンラインセミナー用視聴URLをお送りいたします。
メールに記載されている手順でご参加ください。
主催 株式会社Sprocket、Tealium Japan株式会社
事務局 株式会社Sprocket セミナー事務局
Tel:03-6303-4123 谷口(やぐち)
Mail: marketing@sprocket.bz

※弊社と競合するサービスや事業を展開されている企業からのご参加はお断りする場合がございます。
※プログラムは変更となる場合がございます。

プログラム

第一部:
顧客の同意に基づくデータ利活用を実現する、Tealium Customer Data Hubとは

13:00~13:20
講師:Tealium Japan株式会社 チャネルマネージャー  石本 恭久氏

Cookieを始めとした、社内外のデータを統合することによって顧客理解を深め、 デジタルマーケティング施策に活用することが進む一方で、 プライバシーを保護するための法整備や技術的な整備が世界規模で進められています。 直近では、日本においても、個人情報の取り扱いが厳格化されており、これまで以上に 企業は「データとプライバシーの両立」を求められます。 本セッションでは、安全かつ正確に収集した顧客データを基に、あらゆるツールやチャネル (メール、Web接客、モバイル)とリアルタイムで連携し実現するデータ活用施策事例についてご紹介します。

第二部:
顧客と信頼を築く体験設計を、CDP+接客で実現するには?
〜ティーリアムとSprocketの最新連携事例をご紹介

13:20~13:40
講師:株式会社Sprocket 代表取締役  深田 浩嗣

急速に世の中の有り様が変わり出している昨今、顧客との信頼関係の構築が改めて大切になってきているのではないでしょうか。それと同時にビジネスの成果も上げていかなければならないビジネスの現状を、データの活用と顧客視点の体験設計から解決する方法として本セミナーではご紹介します。CDPであるティーリアムと、おもてなしプラットフォームとして接客体験を作るSprocketが連携した事例を含め、具体的な施策について解説します。

Q&A・質疑応答

13:40~14:00

講師紹介

Tealium Japan株式会社
チャネルマネージャー 石本 恭久(Ishimoto Yasuhisa)

2013年エクスペリアンジャパンに入社。カスタマーサポート部門のスーパーバイザーとしてオペレーション改善、サポートセンター体制強化、NPSなどを用いた改善を行う。 2016年より、オラクルマーケティングクラウド事業のシニアカスタマーサクセスマネージャー、2018年からは、マルケト(現アドビ)のシニアカスタマーサクセスマネージャーとして200以上の顧客にデジタルマーケティングの支援。 現在はTealium Japanにてパートナー企業へのCDP活用ベストプラクティスの共有、マーケティング戦略を支援する。

株式会社Sprocket 
代表取締役 深田 浩嗣 (Fukada Koji)

京都府出身、京都大学工学部情報学科卒業。
2000年、同大学院在学中、株式会社ゆめみ創業、デジタルマーケティングのソリューションを提供する。
2014年、株式会社Sprocketをゆめみから分社独立し創業、日本古来のおもてなしの姿をテクノロジーを使って表現し、世界中の企業と顧客の関係を変えることに専念している。
著書に「いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本人気講師が教える実践デジタルマーケティング」など。

本イベントは、終了いたしました。
たくさんのご参加ありがとうございました!

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時