サイトアクセス解析

サイト改善をスピーディーに進めていくためには、顧客が抱える問題を認識し、課題を絞り込むことで、仮説立案の精度を高めていく必要があります。Sprocketのサイトアクセス解析機能は、改善インパクトの大きな箇所を割り出すことができ、優先的に取り組むべき施策を明確にします。

課題発見につながるSprocketの高度な分析機能集

こちらから資料をダウンロード

ページごとの特性を可視化することで改善の示唆が得られる

Sprocketのサイトアクセス解析は、コンバージョンへの影響度の大きいページや離脱率の高いページといったページごとの特性を浮き彫りにできます。一般的なアクセス解析ではつかみづらいサイト改善に必要なページ単位の情報を可視化し、改善すべき項目を明らかにすることで、今後の戦略立案への示唆が得られます。

サイトアクセスに関する高度な分析機能

ツリーマップ分析

ツリーマップ分析は、ページビュー数の多さを長方形の大きさで表現し、ページ構造を入れ子にしたグラフィカルなマップで分析を行えます。CVRと離脱率の観点から、優先して改善すべきページを割り出します。

サイト全体で、優先して改善できるページはあるだろうか?PV数が少ないから見落していたけれど、CVRが高くて、改善できそうなページがあった!

コンバージョン影響度分析

コンバージョン影響度分析は、コンバージョンとするURLを指定すると、CV数や影響するページ、A/Bテストの結果を得るのに必要な日数の目安を一覧で表示する機能です。改善のインパクトの大きなページを割り出し、施策の優先度を決めるのに役立ちます。施策の実施は、基本的に一定の期間内に結果を出すことが求められます。A/Bテストに必要な日数をあらかじめ把握することで、施策をやってみてから「なかなか結果でない」とむだになる事態を避けることができます。

まずは、どのページから着手すればいいのかな?このページならUU数も多いし、1週間くらいでA/Bテストの結果が出そうだ。

改善優先度分析

改善優先度分析は、サイト内のページビュー数やCVRなどのデータをもとにバブルチャートを作成し、UU数とCVRで四象限にプロットすることで、改善の余地があるページ、優先して改善すべきページを可視化できます。この機能は、どのページから手をつけるべきかを最初に検討する際に有効です。

効率的に改善するためには、どのページから手を付ければいいだろう?ページごとの現状がわかりやすく整理できた。まずは改善施策のインパクトが大きいものから手を付けよう!

課題発見につながるSprocketの高度な分析機能集

こちらから資料をダウンロード

多くの企業に導入いただいています

導入されたお客様の生の声はこちら

さまざまな業界での実績があります

ECサイトだけではなく、獲得系のサイトにもご導入いただいています。400社以上のご支援実績にもとづいて、解決すべき課題に合わせた最適なソリューションをご提供できます。

サービス資料ダウンロード

Sprocketの機能、コンサルタント、導入事例、実績、
プラン体系などをご紹介します。(無料)

資料ダウンロード

導入検討の相談・見積もり

新規導入、乗り換えのご相談、Web接客ツールの比較など
お気軽にお問い合わせください。(無料)

お問い合わせ

03-6420-0036(受付:平日10:00~17:00)