行動データの計測

ユーザーがWebサイト上で行った、"ページ見る"、"スクロールする"、"何かをクリックする"などの行動は「行動データ」として計測できます。接客シナリオで利用する場合や、「行動データ」を利用した分析ができるようになります。

計測できる「行動データ」の種類

プラットフォーム「Sprocket」は、Webサイトでのユーザー行動を計測できます。(基本的な計測設定は管理画面で完結しますが、サイトやユーザーの特性に合わせてJavaScript等によるカスタマイズをすることで、オリジナルのユーザー行動を計測することもできます。)

「行動データ」の利用方法

1.行動データ数の推移を確認

計測した行動データは、時系列チャートで数量を確認できます。個別の行動データとすべての行動データの合計数が、それぞれ推移及び累計で閲覧できます。

図3. 行動データの時系列推移の管理画面イメージ

2.接客シナリオで開始条件として使う

計測した行動データは、接客シナリオを開始するきっかけとして利用することができます。

[基本的な使い方]

トップページを見たタイミングで、ウェルカムメッセージのシナリオを開始

[金融機関サイトの例]

マイカーローンの紹介ページを 50% までスクロールしたタイミングでシナリオを開始

[ECサイトの例]

商品一覧ページにアクセスしたタイミングで、商品検索機能の使い方を案内するシナリオを開始

3.Web接客シナリオを表示するユーザーを絞り込む

計測した行動データは、Web接客シナリオを表示したいユーザーの絞り込みに(ユーザーセグメント設定)で利用できます。「特定の行動回数」「特定の行動後の経過時間」などで絞り込みが可能です。

[金融機関サイトの例]

住所変更完了ページにアクセスしたユーザーは引っ越し直後の可能性が高いため、この行動をとったユーザーにのみ公共料金の支払いをクレジットカードに切り替えることを訴求

[ECサイトの例 1]

お気に入り登録ボタンクリックの行動データを計測していないユーザーにのみ、商品をお気に入り登録する方法(機能の使い方)をご案内

[ECサイトの例 2]

最終購入から60日以上経過したユーザーが来訪したときにクーポンを表示

4.接客シナリオの結果の計測

計測した行動データを接客シナリオ毎に、KPI(中間コンバージョン)とKGI(最終コンバージョン)を設定することができます。このKPI/KGIを指標として、接客シナリオの効果を計測することができます。

[金融機関サイトの例 1]

保険金額のシミュレーションページ閲覧を KPI に設定

[金融機関サイトの例 2]

保険資料の請求完了を KGI に設定



[ECサイトの例 1]

カートページ閲覧を KPI に設定

[ECサイトの例 2]

商品購入を KGI に設定

5.ヒートマップ分析を行動データの有無で分けて実施

特定の行動をとるユーザーと取らないユーザーでページ閲覧傾向にどのような違いがあるかを確認できます。コンバージョン行動の有無でヒートマップ画像を分けて作成し、コンバージョンユーザーがよく見るコンテンツを把握することができます。

ヒートマップ(β版) ※オプション機能

図4. 行動データの計測有無で別々のヒートマップ画像を作成したときの管理画面イメージ

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時