ニュースリリース

当社における新型ウイルス感染拡大を防ぐための対応方針について

2020年02月20日(木)

株式会社Sprocket(本社:東京都目黒区、代表取締役:深田 浩嗣、以下 当社)は、新型ウイルスの感染拡大を防ぐとともに、提供中のサービスを変わらずご提供し続けるために、以下の対応方針を決定いたしました。

 1.新型ウイルス感染のリスクを伴う場所への移動については原則控えるようにすること
 2.特に公共交通機関の利用については、やむを得ない場合でも、混雑する時間帯を避けるなど感染リスクを最小限にすること
 3.本方針は2020年3月31日を期限とし、それ以降はその時点での状況により決定する
 (4月9日 追記)本方針を2020年5月31日を期限とし、状況により柔軟に期限を見直す

本方針はあくまでも当社従業員への標準方針となるため、各プロジェクトにおきましては、お客様と個別相談の上、進めてまいります。
お客様との商談や打ち合わせ等は、ご要望に応じて直接お伺いいたしますが、オンライン会議やお電話でのテレワーク対応をご提案・ご相談させていただくことがございます。ご理解ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

方針に変更があった場合は、改めて発表いたします。

※「標準」とは、当社で働く従業員 (契約社員含む)を対象にしたルールであり、パートナー企業の社員は、雇用元の就業規則や方針を優先いたします。

 

■ おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」について

おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」は、ユーザーのオンライン行動データ(ページ閲覧、スクロール、クリックなど)を活用し、カスタマージャーニーに合わせて最適なタイミングでWebサイト上に接客ポップアップを表示することで、理想的な顧客体験を実現します。ユーザーの態度変容を促し、購入や申し込み、資料請求などのコンバージョン率の向上や、離脱率の低下といったKPIの改善をはかることが可能です。高速でPDCAを回すため、ヒートマップなどの様々な分析機能のほか、一定期間の行動データを学習データとするAI(人工知能)「AutoScoring」や自動セグメンテーション最適化機能「AutoSegment」、カートAIなど、最先端の機能を搭載しています。シナリオはコンサルタントが作成し、配信するユーザセグメントはAIが分類するため、担当者は重要な意思決定に集中することができます。ECサイトだけでなく、銀行、証券、保険などの金融機関をはじめ、多くの企業のWebサイトで採用されています。
詳しくは、https://www.sprocket.bz/をご参照ください。

 

■ 株式会社Sprocket 概要

マーケティング領域において、Web接客手法を使ったコンバージョン最適化を実現するプラットフォームを提供することで、デジタル時代ならではの企業とエンドユーザーの結びつき(エンゲージメント)を創造していく会社です。豊富なコンサルティング経験を持ち、企業ブランドサイト、コミュニティサイト、ECサイトなどで入会率や購入率などのCVR(コンバージョン率)を120%以上向上させた実績が多数あります。
名 称 : 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
設 立 : 2014年4月
所在地 : 〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
事業内容 : おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用
代表者 : 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)

 


本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket マーケティング&コミュニケーション
Tel:03-6303-4123 Email: info@sprocket.bz

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください

03-6303-4123
平日10:00–19:00

「成果につながる顧客体験」へのヒントがここにあります