ニュースリリース

統合Web接客プラットフォーム「Sprocket」にデータ連携機能を追加  〜 自社サイトデータやSalesforce、Adobe Analyticsなどの外部データと容易に連携し、 One to Oneに近づくセグメント条件を設定可能に

2019年08月07日(水)

株式会社Sprocket(本社:東京都世田谷区、代表取締役:深田 浩嗣、以下 当社)は、統合Web接客プラットフォーム「Sprocket(スプロケット)」にデータ連携を容易にする機能をリリースしたことを発表します。
この機能により、ユーザーのサイト内行動の中でも、ECサイトでのカート投入、商品購入など、ユーザーの興味・関心が反映される行動データを取り込むことができるようになります。さらに、自社サイトのデータだけでなく、他のプラットフォームデータやDMP(データマネジメントプラットフォーム)データなども容易に取り込むことが可能になります。
それにより、企業とユーザー間の質の高いOne to OneのWeb接客を実現します。

20190806_DataIntegration

自社データ、外部データと連携したWeb接客により、特定のニーズや傾向、関心に合ったリアルタイムでのOne to Oneのコミュニケーションを実現

当社は、企業とユーザー間のコミュニケーションの質を高める支援をすることで、企業とユーザーが長期的に良い関係を築けることを目指しています。そのためには、オンライン、オフラインに関わらず、ユーザーのニーズ、嗜好、関心、意欲などを理解したうえで最適なおもてなしをすることを重要視しています。
本日発表のデータ連携機能は、各企業が持つ自社サイトデータに加え、他のプラットフォームやDMPからデータを容易に取り込み連携できる機能です。

主な活用ポイントは以下の通りです。

各企業がもつ自社サイトデータ

ECを例にとると、ユーザーの興味関心が最も反映されたデータとして、商品購入データ、ログインデータ、カート投入データなどがあります。例えば、特定商品を購入したユーザーに対し関連の高い商品をタイミングをみはからってレコメンドする、迷っている商品のサポート情報を案内するなど、あたかも話しかけるようなポップアップでのおもてなしを感じさせる、きめ細やかな対応も可能になります。

外部プラットフォームやDMPデータ

自社にはないデータを取り込むことで、さまざまなユーザー属性をセグメント条件として使用することが可能です。外部データならではの大量な行動データから導き出すインサイトをWeb接客に連携できるようになります。例えば、Adobe Analyticsで嗜好や関心を分析したデータを接客シナリオに組み込むことなども容易にできるようになります。以下は、連携の検証段階より複数のお客様にご協力いただき、データ連携を実証済み、または連携予定のサービス(※1)です。

- Adobe Analytics(アドビ システムズ 株式会社)
- Arm Treasure Data eCDP (トレジャーデータ株式会社)
- AudienceOne®(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社)
- Cross-Channel Marketing Platform(チーターデジタル株式会社)
- ecbeing、メルカート(株式会社ecbeing)
- futureshop、commerce creator(株式会社フューチャーショップ)
- Salesforce (株式会社セールスフォース・ドットコム)
※1:アルファベット順


■ 株式会社Sprocket について

マーケティング領域において、Web接客手法を使ったコンバージョン最適化を実現するプラットフォームを提供することで、デジタル時代ならではの企業とエンドユーザーの結びつき(エンゲージメント)を創造していく会社です。豊富なコンサルティング経験を持ち、企業ブランドサイト/コミュニティサイト/ECサイトなどで、入会率や購入率などのCVR(コンバージョン率)を120%以上向上させた実績が多数あります。

1.今までの取り組み
Sprocketは、これまでWeb接客領域において5000回以上の仮説検証を繰り返し、そこから得られた知見を、プロダクトに反映させてきました。さらに、仮説検証プロセスのうちAIに任せられる領域を広げていくことでスピーディに成果をもたらす「統合的なWeb接客プラットフォーム」に進化させてきています。その結果、この2年で10倍以上に生産性をあげることができています。

2.Sprocketが大事にしている姿勢
当社は導入企業様のビジネスの成果を出すことを第一に考えており、ツールの提供にとどまらずツールを活用した価値提供に至るまでをサポートすることを大事にしています。

3.Sprocketが今後目指す姿
今後も、さまざまな仮説検証を続けることで、人を理解し、より心地よい接客をして、お客様(エンドユーザー)とクライアント企業様が長期的な関係を築くことを支援していきます。ビジネスとしての成果の提供はもとより、エンドユーザー様の個のニーズ、態度変容の様子がスピーディに手に取るようにわかるようにすることを目指します。

株式会社Sprocket 概要

社 名 : 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.
設 立 : 20144
所在地 : 〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-12-2 T-one世田谷ビル 3F
事業内容: 統合Web接客プラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用
代表者 : 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)
URL  : https://www.sprocket.bz/


 本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket マーケティング&コミュニケーション 担当:中野
Tel:03-5431-5233 E-mail:info@sprocket.bz

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください

03-6303-4123
平日10:00–19:00

「成果につながる顧客体験」へのヒントがここにあります