採用情報

re1

Sprocket(スプロケット)は、Webサイトにおけるコンバージョン(購入・入会・資料請求・問合せ等)を増やしたい企業様向けに、自社開発のWeb接客ツールの導入及びコンバージョン改善コンサルティングを行っている会社です。

「おもてなし」の本来の姿は「奉仕・顧客満足の精神」ではなく、サービス提供者と顧客双方の「自己実現」のためのもの。

企業が顧客の自己実現を支援することは、LTV(Life Time Value,顧客生涯価値)の大きな顧客を抱え、さらに自身を高めていくことにつながります。

Sprocketは自社プロダクトとテクノロジーを駆使して本来の「おもてなし」の姿を追求しています。

 

re2

2014年に代表の深田により設立された株式会社Sprocketは、Web接客手法でコンバージョンを最適化するツール「Sprocket」を開発・販売しています。

 短期的なCVRの向上にとどまらず、中長期的なLTVの向上を支援する。その理念をそれぞれの言葉で語ります。

re3

起業の原点は「世界で勝つ」。
金銭的なインセンティブではなく、心理的な要素でいかに人を動かすかという分野は、意外なほどテクロノジー領域では実践されていなません。
Sprocketでは、金銭的なインセンティブに頼らない企業と顧客の良好な関係性を作ることは日本の「おもてなしの文化」と通じると考え、誰にとってもハッピーな社会の実現を目指しています。

Web接客の背景について

Web接客市場の市場規模は約60億円とされています。以前は一定数の企業が存在しましたが、市場の拡大とともに、Web広告系大手企業に買収されるなど淘汰され、プレイヤーとなる企業は、国内ではSprocketともう数社くらいしか存在しません。

海外においては、Marketo、Eloqua、Salesforce.comなどマーケティングオートメーション領域の大手企業は多数存在します。Walkmeという同コンセプトのサービスもあります。ただ、そうした海外のSaaS企業でも、私たちほど広くカスタマーサクセスの業務範囲を捉えてやっているところはないと認識しています。
特に「おもてなし」を実現するカスタマーサクセスとしては、グローバルで見ても最も進んだ考え方を持って運用を行なっていると言っても過言ではないと自負しています。

 

仮説検証に基づくプロダクトの進化と企業への価値提供について

Sprocket(スプロケット)は2014年の創業以来、 5,000 回以上のweb接客における仮説検証を実施し、得られた知見をプロダクトに反映させてきました。 また、ツールの提供にとどまらずツールを活用した価値提供に至るまでをサポートすることでクライアント企業様のビジネスが成果を出すことを第一に考えています。その結果が93.8% の継続率です。
加えて、仮説検証プロセスの中で AI に任せられる領域を広げていくことでスピーディに成果をもたらす「統合的な Web 接客プラットフォーム」に進化しています。

re4

Sprocketは社員全員が下記3点を満たすことを前提とした組織の作り方をしています。

・プロであること
・事業成長にコミットすること
・大人であること

これが前提であることで、大幅な裁量・自由度を持って働ける環境を実現していきます。上司という存在がなく、誰かが誰かに指示・命令することはありません。 従来からの企業マネジメントでイメージされるような、上司→部下という上意下達のコミュニケーションも行いません。その代わり、「役割」と「プロセス」を基準としてたティール型組織として運営されています。

 

数字から見るSprocketの「働き方」と3つの特徴

rec_pc

①時間や場所に縛られない

成果が出ていれば、働き方は問わないスタイルの勤怠スタイルとしています。在宅・リモートワークはもちろんプライベートな理由による急な勤務時間変更などすべて自己責任・自己判断で対応OKとしています。
なぜかというと、どのような働き方が自分にとってパフォーマンスを最大化できるかは自分が一番わかっているはずなのです。会社が管理するのは逆に成果につながらないと思っています。

②リクエスト型コミュニケーション

フラットであること、合理的であることはもちろんとして、相手の都合を「配慮せず」に、まず自分の都合のみで「リクエスト」することを求めています。リクエストをされた方も、自分の都合のみでNoと回答をすることができます。大事なのはリクエストの背景やNoの理由をオープンにし「ではどうするか」を協議・交渉することなのです。
なぜかというと、空気を読む時間がもったいないし、スピード感がなくなってしまうからです。また、日常的に交渉慣れしていないとグローバルで勝てないと思っています。

③オープンな情報共有

原則的にすべての情報が公開、共有されています(給与、評価に関わる情報は除く)。
事業計画とその余実を詳細迷彩ベースで公開、会社の事業構造など公開しています。
なぜかというと、裁量を大きく出来るように、自分で判断できる材料は手元にあるべきだと思っているからです。会社や事業の構造がどうなっていて、今自分のやっていることが何につながっているかがわかれば迷いなく仕事ができるのです。

私たちの働き方の原則

cul_1
cul_3
cul_4
cul_2
re5

福利厚生を考えた時に、代表の深田にとってどのような組織が働きやすい・良い組織かを突き詰めたところ、下記の4つが重要だと行き着きました。

①メンバーが素でいられる
②すごいと思える、頑張っているメンバーと一緒に仕事ができる
③合理的な働き方ができる
④人に言われてではなく自分で判断して動ける

これらを満たし、メンバーが快適に過ごせるよう、様々な福利厚生を設定しています。

rec_icons_pc

re6

事業拡大に伴い、株式会社Sprocketでは人材を募集しています。世界で勝つことに本気でチャレンジしているチームにジョインしませんか?

いずれの職種も、下記お問い合わせフォームよりご応募ください。
担当者より折り返しご連絡いたします。

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください

03-6303-4123
平日10:00–19:00

「成果につながる顧客体験」へのヒントがここにあります