サイト分析機能

Sprocketのサイト分析機能は、接客シナリオの効果を高めるために作られています。サイト上の課題を発見してどのようなユーザーに対してどのようなポイントで施策を行うべきか示唆を得られる情報で分析できる機能です。

ユーザー数

Webサイトに訪問したユニークユーザーの数を確認できます。ユーザー数は、時系列にチャートで表示され、推移および累計数を閲覧できます。

期間の指定、日/週/月で表示が切替えられます。

行動データ数

あらかじめ設定していた各行動データを、時系列にチャートで確認できます。各個別の行動データと全体の合計数を、推移および累計数を閲覧できます。

期間の指定、日/週/月での表示切替機能があります。

行動データ(ページビュー、スクロール、クリック)が何であるかと、それらの数値が可視化できているさまをイメージできるもの

コンバージョン影響度

コンバージョンページを登録すると、ユーザーがコンバージョンページまでに到達するWebサイト上の閲覧(回遊)ルートの中から、シナリオ配信効果が出やすいページが一覧で確認できます。

効果の優位性が出るまでの「必要なUU数」と「必要な日数」が表示されるため、Web接客施策の取り組む優先順位を判断できます。

竹:管理画面>シナリオ分析>サイト分析>コンバージョン影響度 のスクリーンショット
松:竹+そこから示唆を得てシナリオが配信されているサマのイラスト

ヒートマップ(β版)

ページ訪問者のアテンション(滞在時間)やスクロール・クリック行動を可視化できます。ページのどの部分がよく見られているか、あるいは何が離脱要因になっているか、把握することができます。

行動データの有無、シナリオ表示の有無の違いで、ヒートマップを出力することができます。

ヒートマップ(β版) ※オプション機能

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時