接客シナリオ作成

プラットフォーム「Sprocket」は、成果を出すことにこだわった機能がそろっています。接客を開始する条件から、セグメント、パターン別/フェーズ別プロセス、ゴールの設定、汎用的なポップアップテンプレートまで、実用的な機能を幅広く用意してあります。

シナリオの開始条件

接客シナリオを開始するためのきっかけとなる条件を設定します。条件は、ユーザーのさまざまな行動から設定された「行動データ」から選択をします。

セグメント

接客シナリオの対象となるユーザーを、来訪回数やデバイス、経過時間や来訪元など、細かく条件(セグメント)を指定することができます。

接客シナリオ

接客シナリオを設定する画面は、成果を出すために改善プロセスを回しやすく作られています。
検証フェーズを設定し、パターン別にABテストが実施ができます。また、各パターン内では自由なコンテンツ(ポップアップ)を作ることができ、テンプレートとしてSprocketのノウハウを結集した効果が高いレイアウトを用意してあります。

図:フェーズ、パターン、ステップの関係性について

コンテンツ(ポップアップ)

形式

コンテンツ(ポップアップ)は、画面内で位置を固定する「カード型」、Webサイトのページ内の特定要素に対して表示する「吹き出し型」の2種類あります。

表示位置

「カード型」の場合、画面上の上/下/左/右、右上/右下/左上/左下/、中央の9カ所。「吹き出し型」の場合、CSSセレクタで指定する特定要素に対して上/下/左/右の4種類を指定できます。

モーダル

「カード型」、「吹き出し型」どちらでも、モーダル表示(薄い黒色の背景を出現させ、ポップアップのみ表示させる方法)を指定することができます。

ゴール指標

接客シナリオの効果を測定するために、KPI(中間コンバージョン)とKGI(最終コンバージョン)を設定します。
KPIとKGIの設定は、Webサイト内のユーザー行動である「行動データ」から選択します。

まずはお気軽にお問い合わせください

「Sprocket」の費用や導入スケジュール、また、御社の顧客体験の向上やコンバージョンの最適化、Web接客ツールの比較検討においてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。(無料)

03-6303-4123

受付時間:平日10時~12時/13時~17時