ニュースリリース

Sprocket、クラウドECプラットフォーム「ebisumart」と連携

2020年10月20日(火)

サービス連携により簡単導入&速やかな利用開始が可能に

 

株式会社Sprocket(本社:東京都目黒区、代表取締役:深田 浩嗣)は、おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」と株式会社インターファクトリー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:蕪木 登)が提供するクラウドコマースプラットフォーム「ebisumart (エビスマート)」とのサービス連携を2020年10月20日より開始したことを発表します。

 
ebisumart_sprocket_01

「ebisumart」は2018年度SaaS型非カート型市場において、ECサイト構築ツールシェアNO.1*の主要クラウドコマースプラットフォームです。ECパッケージとASPの両システムのメリットを兼ね備えており、常に最新・最適化されたECサイトを構築いただけます。サイトリニューアルやオムニチャネル、BtoB-ECなど、業界業種問わず累計650サイト以上の構築実績があり、お客様のニーズを迅速に反映しながら、EC事業の成長をお手伝いさせていただきます。(*富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2019年版」調べ)

「ebisumart」の詳細はこちら:https://www.ebisumart.com/

今回Sprocketは「ebisumart」と連携することで、ebisumart利用者がより簡単にSprocketを導入できるようになりました。

具体的には「ebisumart」の管理画面からシンプルな手順でSprocket導入に必要な設定が完了し、速やかに利用を開始できるようになります。Sprocket導入によってサイトのビジネス指標(CVやLTVなど)改善に有効な接客ポップアップを訪問ユーザー一人一人に対し行動データに基づいて最適なタイミングと内容で配信することができるようになります。

ebisumart_sprocket_02
 
 

 

Sprocketは、「おもてなしデザイン」をミッションとして、クライアントのビジネス成果向上とエンドユーザーへの良質な体験提供を通し、CVの向上および中長期にわたる関係性構築を支援しております。今後も最適なおもてなし体験の提供に努めてまいります。

 

■ おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」について

おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」は、ユーザーのオンライン行動データ(ページ閲覧、スクロール、クリックなど)を活用し、カスタマージャーニーに合わせて最適なタイミングでWebサイト上に接客ポップアップを表示することで、理想的な顧客体験を実現します。ユーザーの態度変容を促し、購入や申し込み、資料請求などのコンバージョン率の向上や、離脱率の低下といったKPIの改善をはかることが可能です。高速でPDCAを回すため、ヒートマップなどの様々な分析機能のほか、一定期間の行動データを学習データとするAI(人工知能)「AutoScoring」など、最先端の機能を搭載しています。シナリオや配信ユーザーセグメントはコンサルタントが作成するため、担当者は重要な意思決定に集中することができます。ECサイトだけでなく、銀行、証券、保険などの金融機関をはじめ、多くの企業のWebサイトで採用されています。
詳しくは、https://www.sprocket.bz/をご参照ください。

 

■ 株式会社Sprocket 概要

マーケティング領域において、Web接客手法を使ったコンバージョン最適化を実現するプラットフォームを提供することで、デジタル時代ならではの企業とエンドユーザーの結びつき(エンゲージメント)を創造していく会社です。豊富なコンサルティング経験を持ち、企業ブランドサイト、コミュニティサイト、ECサイトなどで入会率や購入率などのCVR(コンバージョン率)を120%以上向上させた実績が多数あります。

名 称 : 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
所在地 : 〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
代表者 : 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)
設 立 : 2014年4月
URL:https://www.sprocket.bz/
事業内容 : おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用


本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket マーケティング&コミュニケーション
Tel:03-6303-4123 Email: info@sprocket.bz

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください

03-6303-4123
平日10:00–19:00

「成果につながる顧客体験」へのヒントがここにあります