Sprocket 公式ブログ

開発者を直撃!Web接客を自動化するAI機能「Autosegment」の過去・現在・未来

2017/08/08 9:00:11 / posted in デジタルマーケティング, 人工知能, 機械学習, エンジニアリング, ウェブ接客, AI

Sprocketでは、Web接客を自動的に最適化するAI機能「Autosegment」を2017年5月にリリースしました。この機能はWeb接客シナリオを表示すべき相手を機械学習により判別して、シナリオの出し分けを行います。すでに、Sprocketの既存クライアントの実環境にて運用を開始しています。

https://www.sprocket.bz/4421/

今回は、AI機能の開発を担当する森下健、シナリオの設計を担当するプロデューサの馴松直樹、そして代表取締役の深田浩嗣の3人の対談の様子をお届けします。

Autosegmentの可能性に興味津々

Read More

マーケターだけでなく経営者にも届けたい!「いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本」が目指したこと

2017/03/22 9:00:50 / posted in デジタルマーケティング, いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本, ウェブ接客

「いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本」が発売されて早1ヶ月。紀伊国屋書店新宿店でビジネス書ランキング3位に輝くなど、売れ行きも好調です。著者の深田浩嗣に本書についての思いを聞いてみました。

Amazonで購入

一緒に頑張ろう!と著者の深田浩嗣
Read More

目指すは世界!Sprocket×人工知能でマーケティングの常識を変える

2016/09/29 9:00:23 / posted in ヒーロージャーニー, 人工知能, エンジニアリング, 求人, 対談, ウェブ接客

Sprocketにデータサイエンティストとして入社した森下健。深田とは同世代で大学院時代の同期でもある。今回は、2人の対談を通して、Web接客ツールSprocket(スプロケット)が人工知能、機械学習の要素を取り入れて、どのように進化するのか、今後の展望について探っていく。

機械学習ならプログラマーの設計を超えるアウトプットがある

深田:先日のインタビューで賢いコンピュータについての興味があるという話がありましたが、どういうきかっけがあって興味を持ったんですか?

森下:子どものときに、テーブルトークRPGのゲームマスターに憧れがありました。テーブルトークRPGというのは、コンピュータを使わず、紙とペン、ルールブックでストーリーを進めるRPGで、ゲームマスターはそのゲームの進行やルールを決める人。ゲームがおもしろくなるかどうかは、ゲームマスターの腕次第というわけです。このゲームマスターをコンピュータで作れないか、そういう思いがありましたね。

深田:子どもの頃からコンピュータに興味があったんですか?

森下:小学1−2年生のとき、Basicのプログラミングができる小さいコンピュータが家にあって、ちょっとしたコードを書けたんですよね。自分の思った通りに作れるのがおもしろくて、それが最初のきっかけかもしれないです。

深田:機械学習に興味を持ったのはいつですか?

森下:初めて機械学習という言葉を聞いたのは、大学院にいた2000年ごろ。プログラムは、プログラマーが設計した通りの動きをするもので、言われた以上のことをやる道具ではありません。しかし、機械学習は、機械がプログラムされていないことを自分で学習していく。そこに興味を持ちましたね。

深田:機械学習に取り組み始めたのは?

Read More

データ分析で見えたECサイトの穴。ユーザに寄り添ったWeb接客でコンバージョン140%に:Sprocketの裏側

2016/07/05 10:40:06 / posted in スプロケット, Sprocket, 顧客育成, 導入事例, ティーライフ, ウェブ接客

静岡県島田市の茶畑の中にティーライフ株式会社はある。同社の玄関をくぐるとまず目につくのが壁に貼られたお客様からのアンケートの数々。顧客第一主義を掲げる同社にとって、お客さまの声は宝の山だ。定期的に張替え、社員に限らず来客も含めて常に目につくようにしている。

そんなティーライフが扱う商品は、自社企画した健康茶、健康食品、化粧品など。カタログとオンラインでの通信販売を専業にしている。近年は特にオンラインでの販売に注力しており、様々な施策を検討、導入している。

ティーライフがECサイトにWeb接客ツールSprocket(スプロケット)を導入したのは、2015年7月。およそ1年を経て、コンバージョン改善にとどまらず、顧客のLTV(ライフタイムバリュー:顧客生涯価値)最大のための施策も可能になりつつある。

実は、ティーライフはスプロケットの新バージョンをリリースしてから、本格的に導入した1社目の会社になる。施策の検討、シナリオの策定などは、手探りだったが、その分チャレンジングでもあった。

今回は、ティーライフのスプロケット導入にあたって、シナリオ策定、データ分析などに取り組んだSprocket社のプロデューサに話を聞いた。

※文中、継承略

Read More

リアルの接客に学ぶWeb接客の2種類のモデル

2016/05/26 8:00:58 / posted in ウェブ接客, ウェブ接客

「Web接客」という言葉の認知度が高まっています。「Web接客」という言葉自体は、正直に言ってあまりイケてる言葉と思えないのですが、こうした言葉は自分でコントロールできるものでもなく、市場が決めていく面が強いのでやむなくSprocketでもそう呼称している今日このごろです。

しかし、Web接客という言葉が普及する一方で、「サイトに来訪したユーザにどのような応対をするべきなのか」ということについてはまだなかなかいいモデルがない現状があります。ほうっておくと「とりあえずクーポン配ろう」みたいになってしまいそうなので、まずはリアルの接客がどのような種類があるのかを色々と調べてみました。

Read More

自動会話型の接客エンジンをSprocketで実現していく

2016/05/12 8:00:44 / posted in ボット, 会話型チャットボット, ウェブ接客

唐突にうちのCTOのボットの記事を書いたので驚かれたかもしれません。

API Gateway + Lambda で Facebook bot を作ってみる
Facebook bot に wit.ai のボットエンジンを連携させてみる

社内ではボットのブレストはちょくちょくやっていまして、Sprocket的にどう捉えるべきものなのかを議論しています。会社のスタンスとしては基本的に自動化志向なので、ボットを使ってコミュニケーションが自動化できるのであれば取り入れていくことを考えていくべき領域だというのが現在の結論。

で、実際にCTOにいろいろといじってみてもらったのがこの記事になっています。Facebookの発表したボットフレームワークは、確かに良くできてはいるのですがご覧のとおり人工知能がガンガン話します!というような感じでは全然なくて、会話のスクリプトを裏側でたくさん用意しておいて、それをベースに組み立てることができるフレームワーク、という感じです。

Read More

意外に多い「衝動買い」。ECサイトの場合は?

2016/04/07 10:00:55 / posted in デジタルマーケティング, 消費者行動, 衝動買い, ウェブ接客

前回、消費者行動論に基いて、クーポンの危険性を紹介しました。

研究調査でも明らかに!クーポン配布のネガティブインパクト

今回も消費者行動論勉強中に見つけたお話です。テーマは「衝動買い」

購買行動の9割が「衝動買い」に分類される

消費者行動論では、「衝動買いが実際の購買のうちどのくらいを占めているか?」という研究もされています。ただし、今回取り上げる内容の研究はデータとしては古くて、1983年の流通経済研究所調査によるものなので、現状とはやや乖離がある可能性があります。ただ対象は実店舗における購買なので、そこまでは変わらないようにも思います。

調査によると、まず計画購買(衝動買いでない購買)は全体の11%とのこと。少ないですね!!

Read More

研究調査でも明らかに!クーポン配布のネガティブインパクト

2016/03/31 10:00:15 / posted in デジタルマーケティング, クーポン, ウェブ接客

クーポン施策の是非について、Sprocketとしては基本的に否定的な立場です。クーポンをばらまくと後々苦しくなる、割り引かなくても購入してくれるお客さんにも割り引いてしまう、クーポンで集まったお客さんは継続的な買い物をしない、などがその理由です。

この考え自体はWebマーケーターの方々にも賛同もらうことが多いのですが、正直なところ自分で言いながら常々理論的な根拠が弱いなと思っていました。ただ、故あって改めて消費者行動論に関する書籍を色々と読んでいたところ、この辺を説明してくれる学術的な研究結果はすでに一定あることがわかりましたので、自分の整理の意味でもまとめておこうと思います。

Read More

変わりつつある製薬・医療業界のWebマーケティング。Sprocketが命を救う?

2016/03/24 11:00:02 / posted in 協業, デジタルマーケティング, おもてなし, MCI, ウェブ接客

先日、医療業界に特化してデジタルマーケティング支援業務を提供されているMCIさんとの協業を発表させて頂きました。

エム・シー・アイとSprocket、医療・製薬業界に向けた デジタルマーケティング推進で協業

医者に対する人的アプローチだけでなく、患者向けの情報発信も重要に

MCIさんでは、医療業界、特にお医者さん向けの医薬品メーカーを中心にマーケティングの支援をされていらっしゃいます。製薬、医療業界は、これまでなかなか僕らのような会社では接点が作りにくい業界でした。

Read More

失敗しないWeb接客:導入前に知っておくべき施策の流れ

2016/03/14 11:00:45 / posted in おもてなし, Web接客, ウェブ接客

「Web接客・Web接客」という言葉を目にする機会が随分と増えてきました。実際にサイト上でWeb接客ツールを見る機会も多くなってきたように思います。

実際にこの施策を導入する上では、一体どのようなことを考える必要があるのでしょうか?

今回はWeb接客ツールの導入時に何をどのような順序で考えていくべきかをお話します。

接客の流れを分解する

一般的な店舗での「接客」という行為を分解して考えてみましょう。基本的には次の4つで接客という行為は構成されています

      1)観察する
      2)接客アクションを選択する
      3)接客アクションを実施する
      4)実施の結果が出る
      1)に戻る

Read More