ウェブ接客でコンバージョン最適化 Sprocket(スプロケット)

森永乳業のコミュニティサイトにウェブ接客ツールSprocket導入

2016年6月10日


〜コミュニティ参加活動が184%に向上〜

株式会社Sprocket(本社:東京都世田谷区、代表取締役:深田浩嗣)は、森永乳業株式会社(代表取締役社長:宮原道夫、本社:東京都港区、以下森永乳業)が運営するコミュニティサイト「Newの森」にウェブ接客ツールSprocket(スプロケット)が採用され、2016年3月30日よりサービスを公開したことを、6月10日に発表します。

コミュニティサイト「Newの森」(http://newnomori.jp/)では、ユーザアクションの活性化施策として、キャラクターの「もーりー」を活かしたSprocketガイドを導入しました。結果、コミュニティ参加活動(いいねやコメント投稿ができるページへの遷移)が184%となりユーザの積極的なアクションにつながっています。

■コミュニティサイト独自の機能を自然に紹介、アクションを誘導

「Newの森」では、日常生活で乳製品を上手にとりいれるコツやレシピなど森永乳業が研究している乳の魅力を伝えるコンテンツや情報が充実していることから、記事を閲覧するユーザが増加していました。さらに、閲覧するだけでなく、投稿へのコメントや拍手(コンテンツに対するポジティブな反応)といったユーザアクションを活性化するべく、コミュニティサイトのキャラクターである「もーりー」を活用して、以下のようなシナリオをSprocketガイドで実現しました。
 1. 「コメント」や「拍手」を「もーりー」が促すツアー
 2. 「コメント」や「拍手」をしたユーザに対して「もーりー」がありがとうを言うツアー
 3. キャラクターと会話を楽しむようなセリフ回しや選択肢(「どういたしまして♪」や「オッケー♪」など)を用意。


図:もーりーがSprocketガイドに登場。アクションを楽しくうながす。

シナリオ1のコメントや拍手をうながすシナリオでは、コミュニティ参加活動が184%となり、アクション活性化への足がかりとなりました。今後シナリオパターンの拡充をし、さらにコミュニティを活性化していきます。

■Sprocket(スプロケット)導入事例:4連続リリース

第1弾:ロッテオンラインショップ
第2弾:発酵生活
第3弾:ピザハット公式サイト
第4弾:Newの森

■株式会社Sprocket について

Sprocketは株式会社ゆめみの新規事業を2014年4月に分社独立して誕生しました。マーケティングの領域において、離脱防止を自動化するプラットフォームを提供することで、デジタル時代ならではの企業と消費者の結びつき(エンゲージメント)を創造していく会社です。主な導入実績として、企業ブランドサイト/コミュニティサイト/ECサイトなどがあり、再訪率、投稿率、購入金額といったターゲットKPIを150~400%向上させた実績があります。

■ウェブ接客で離脱防止「Sprocket(スプロケット)」

ウェブ接客ツールSprocket(スプロケット)は、カスタマージャーニーに合わせてユーザがアクションしやすい流れを「ツアー」として設定、最適なタイミングでSprocketガイドを表示して、離脱防止をはかり、期待するアクションに誘導できます。
ユーザの心理を刺激することで「ついもうちょっと使う」状態を生み出すことで、離脱を防止しコンバージョンを劇的にアップします。

Sprocket(スプロケット)詳細はこちら https://www.sprocket.bz/

■本リリースに関するお問い合わせ

株式会社Sprocket 担当:木下
【TEL】 03-5431-5233 【E-mail】 info@sprocket.bz
【住所】 〒154-0004東京都世田谷区太子堂2-12-2 T-one世田谷ビル 3F
【公式サイト】 https://www.sprocket.bz/